読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

Question3. コーヒーミルを持っていないのですが、フードプロセッサーで代用できますか?

Question3. コーヒーミルを持っていないのですが、フードプロセッサーで代用できますか?

 

「フードプロセッサーで豆が挽けるか挽けないか」という質問であれば、答えは「挽けます」。フードプロセッサーでも豆を粉状にすることはできるでしょう。

 

ただし、お持ちのフードプロセッサーの性能がどうかは分かりませんが、コーヒーミルの場合、単純にコーヒー豆を細かくすることを目指しているわけではなく、豆を均一に挽くことを目的とした構造になっているとされています。

 

この点が少なくともコーヒーミルを利用する意義の1つと言えるでしょう。では、“均一に挽く”ことによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20150131180106j:plain

 

 均一に挽くこととそのメリット

コーヒー豆を挽く際に、コーヒーの質を落としてしまう要素として以下の3つがあります。

 

1. モーターの持つ熱

2. 刃と豆の摩擦熱

3. 微粉

 

特に、均一に挽けるかどうかは②の“刃と豆の摩擦熱”と③の“微粉”の要素にそれぞれ関わってきます。

 

たとえば、コーヒー豆はミルの刃に触れ続ける時間が長いほど、摩擦熱で酸化が早くなってしまいます。均一に削れていかない刃では、何度も何度も豆と刃が触れてしまうため、摩擦熱に長い間さらされてしまうでしょう。

 

また、豆を均一に挽けることによって、文字通り微かな粉である“微粉”が出辛くなります。この微粉は一般的にコーヒーのえぐみに関わるとされています。言い換えれば、コーヒーミルの場合、コーヒーの嫌な味が出にくくなると言えます。

 

ですので、コーヒーミル以外のものでも豆は挽けるかもしれませんが、コーヒーミルがやはり最も適した機材だと言えるかと思います。

 

ちなみに、①の“モーターの摩擦熱”に関しては、連続で機材を使用する際に問題になりうるものなので、ご家庭で1人分を淹れる分にはあまり気にしなくても良いかもしれません。

 

電動のミルと手動のミル

余談ですが、コーヒーミルには、電動のものと手動のものの2つのタイプがあります。今後ご自分でミルを購入される方のために、ざっくりと2つのタイプのメリット・デメリットを以下に示しておきます。

 

電動のメリット・デメリット

メリット→手動に比べ楽、手動に比べて豆が均一に素早く挽きやすい

デメリット→摩擦熱で温まる可能性がある

 

手動のメリット・デメリット

メリット→摩擦熱で温まりにくい

デメリット→電動に比べて均一に削りにくい

 

いずれにせよ、どちらにもメリット/デメリットがあるので、お好きな方を選んでみて下さい。

 

おススメのコーヒーミル

もしコーヒーミルをお持ちでなければ、美味しいコーヒーを飲むためにコーヒーミルを使われることをお勧めします。以下に、手動・電動ともに2500円未満の安価なもので比較的性能が悪くないものを選んでみたので、興味のある方は参考にして下さい。

 

 電動ミル

 

手動ミル