寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

ラテアート講座① ―ラテアートとはどんなもの?何ができるの?―

ラテアートとは?

ラテアートとは、ラテやカプチーノの表面にミルクによって描かれた様々な模様を指します。ラテアートには以下の3種類があります。

 

フリーポア
ミルクの注ぎ方だけで模様を描いていくパターンです。

f:id:nyarumeku:20150130185427j:plain

f:id:nyarumeku:20150219183009j:plain

 

デザインカプチーノ
ピック(つまようじなど)やチョコソースなどを使って模様を描いていくパターンです。

f:id:nyarumeku:20150219183030j:plain

f:id:nyarumeku:20150129200915j:plain

 

その他
最近では、上の2つのパターンに加えて、立体的にミルクの泡を使う「3Dラテアート」と呼ばれるパターンもあります。

 

ラテアートに使う道具は?

絶対必要なもの

 エスプレッソマシーン(エスプレッソとフォームミルクを用意するため)

DeLonghi エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー EC152J

DeLonghi エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー EC152J

 

 

ミルクピッチャー(ミルクを注ぐため)

 

後はカップ、 コーヒー豆です。

 

これらが基本的なラテアートに必要な道具です。エスプレッソマシーンは安いもので1万円前後で購入できます。ピッチャーはだいたい3千円前後でしょうか。趣味で始めるならば比較的安上がりな部類と言えるでしょう。

 

デザインカプチーノや3Dラテアートに使えるもの
つまようじ、スプーン、チョコソースなどのシロップ

 

どんな模様を描けるの?

フリーポア
ハート、リーフ(葉っぱ)、ハートの組み合わせが一般的で、これらの描き方は色々なところで紹介されています。

 

デザインカプチーノや3Dラテアート
描こうと思えばどんな模様でも描けます。もちろんカップの上に再現できる範囲の話です。

 

ラテアートを見てみたい!

世界的にも有名なバリスタのラテアート動画を見てみましょう。ラテアートのカッコよさが伝わるはずです。

 

 

ラテアートを描いてみたい

次回から、ラテアートの描き方をご紹介していきます。