寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

カフェのバイトって何するの?現役オーナーが簡単にお仕事を説明します。

「おしゃれなカフェのお仕事を一度はやってみたい!」と思う方は少なくないと思います。実際、タウンワークフロム・エー・ナビなど大手求人サイトでは、よく特集が組まれるほどカフェのバイトは人気です。

 

ですが、カフェの仕事が何をやっているのか分からず、つい応募を思いとどまってしまった人も多いでしょう。そこで今回は、カフェの仕事がいったい何をやっているのかをご説明します。

 

f:id:nyarumeku:20150306194603j:plain

 

オープンの一時間前

カフェのお仕事は掃除から始まります。お店によっては閉店後にやる場合もありますが、床掃き、テーブル拭き、お店の前の掃除、コーヒーマシーンやフライヤーなどの厨房機器類の立ち上げが主な作業です。

 

本日のお勧めなどをメニューボードに手書きするお店もあります。

 

お店によっては、モーニング、サンドウィッチ類の仕込みをやる場合もあります。常連のお客さんはだいたい開店20分前に入店してきます。たとえ鎖で封鎖してあっても、それを乗り越えてくるアグレッシブな常連さんもいらっしゃいます。

 

オープン

カフェのお仕事の始まりです。ホールで接客し、オーダーに合わせて調理し、会計などをします。個人経営の小さなお店などだと、全ての業務を1人2人でこなしますが、アルバイトなどもいるお店だと、ホールとキッチンの担当が別れていることがあります。

 

アルバイトの募集では「ホール担当」「キッチン担当」といった風に、それぞれの業務に分けて募集されていることが多いですが、あくまで目安です。基本的に飲食店は人手が足りないうえ、時間によってはドッとお客さんが入ってくる場合もあるので、ホールの人がキッチンに入ったり、キッチンの人がホールに出てくることもよくあります。

 

ホールのお仕事

ホールの担当に求められることは、メニューの把握、どのメニューに何を付けて出すかの把握(スプーン・フォークやガムシロップなど)、伝票の書き方、レジの会計、メニューの呼び方の把握などがあります。お客さんがオーダーをするときや、キッチンにオーダーを通すときは略称が使われるので、メニューの呼び方に戸惑う人は地味に多いです。

 

また、カフェや喫茶店の場合、ドリンクを準備するのはキッチンの仕事ではなくホールの仕事に含まれる場合が多いです。意外かもしれませんが、コーヒーを専門に淹れる人がいるお店はそんなに多くありません。

 

ちなみに、カフェの店員さん目当てで訪ねるお客さんもけっこういらっしゃいます。女性の店員を目当てに来る男性のお客さんもいれば、男性の店員を目当てに来る女性のお客さんもいらっしゃいます。それをあえて狙って、女性ばかりのカフェにしたり、男性ばかりのカフェにするお店もあります。店員とお客さんのロマンスもけっこうあります。

 

キッチンのお仕事

キッチンに求められるのは仕込みの仕方、調理の仕方、盛り付けなどです。後は皿洗いも含まれますが、最近は洗浄機があるので、直接お皿を洗うことは少ないかもしれません。

 

キッチンのお仕事というと、調理専門学校の学生などが入るイメージがあるかもしれませんが、少なくともカフェや喫茶店に限って言えば、ほとんどは何も知らない素人の人が入ってくる場合が多いです。最近は仕事の手順も決まっているので、それほど専門的な知識は必要ありません。

 

ちなみに、キッチン担当はバレないようにつまみ食いが出来ます。フライドポテトなどがあれば儲けものです。

 

その他のお仕事

在庫管理もカフェのお仕事の1つです。夕方ぐらいになると、材料の発注などをします。ホールの人が備品やドリンクを管理し、キッチンの人が食材などを管理することが多いです。あとは時間によって、ランチの準備やディナーの準備などが入ってきます。

 

閉店のお仕事

ホールの人はホールやドリンク場の掃除、キッチンの人はキッチンや調理器具の掃除をします。あとはカフェのイメージに無いかもしれませんが、食器を拭くタオルなどの洗濯もカフェのお仕事に含まれます。そして、その日の売り上げの集計をして、カフェの一日が終わります。

 

カフェのお仕事の特典

カフェのお仕事の特典と言えば、ドリンクを一杯タダで飲めたり、無料のまかないが付いたりすることでしょうか。あとは、可愛い制服を支給されることが多いですし、お客さんとの距離が近いので出会いも期待できます(※個人差があります)。

 

ただ、あまりやり過ぎると、お店がざわつく事態になります。店員は逃げられないので、修羅場が繰り広げられる事態もありえます。ほどほどにしておくとよいでしょう。

 

カフェのお仕事はどこで探す?

カフェのアルバイトは最初に挙げたような、タウンワークフロム・エー・ナビといった大手求人サイトで簡単に見つけることができます。比較的カフェバイトは探しやすいと言えるでしょう。

 

個人経営の小さなお店などだと、いまだに張り紙などでバイトを募集している場合も多いので、街を歩いて実際にカフェに通ってみるのも良いかもしれません。

 

ただ、個人経営のお店だと即戦力が欲しい場合も多いので、これまでの経歴を問われることもあります(たとえば、接客経験はあるか、エスプレッソの抽出はできるかetc……)。

 

もし自信のない方は、日雇いバイトなどで簡単に接客慣れしておくか、一度、チェーン店のカフェなどで訓練したほうが無難です。

 

最悪、カフェの学校やスクールに通って、事前勉強しておくというのも良いでしょう。個人経営のお店だと、本当に入った時点で「出来て当たり前」の空気があることも少なくないので、雰囲気は見ておいたほうがいいです。

 

とはいえ、一部のカフェではそういうこともありますが、最近はカフェの仕事もだいぶマニュアル化がすすみ、初めての人にも以前よりだいぶ優しくなったと思います。興味のある方はぜひ一度やってみてはいかがでしょうか。