寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

カフェのメニューにも流行はある?食べ物から見るカフェのスタイル

喫茶店やカフェのスタイルはその時代によって変わってきました。最近東京で流行になった「ブルーボトルコーヒー」などは、まさに最近主流のカフェのスタイルを代表していると言えます。

 

それでは、カフェや喫茶店のスタイルは、特に日本の中でどのように変わってきたのでしょうか。昔ながらのスタイルから現在のスタイルへと、どこがどのように変わってきたのかをご紹介したいと思います。

 

昔ながらの喫茶店

皆さんは「ドトールコーヒー」や「スターバックスコーヒー」などのカフェと比べて、昔ながらの喫茶店はどんなところが違うと思われるでしょうか。喫茶店の内装や店員さんの接客の仕方から色々なところが違うと思いますが、最も違う点はフードメニューです。

 

たとえば、昔ながらの喫茶店と言えば、カレーライスやケチャップたっぷりのナポリタンが並んでいる店内を思い浮かべる方が多いかもしれません。昔ながらの喫茶店と言えば、コーヒーを飲む場所というのはもちろんですが、それに加えて軽食が出来る場所でもありました。

 

また、コーヒー以外のジュースなどのドリンクが豊富なのも昔ながらの喫茶店の特徴と言えるでしょう。喫茶店でクリームソーダなどを飲んだ思い出がある方も多いのではないでしょうか。

                                      

このように、日本の伝統的な喫茶店と言えば、どちらかと言うと、「コーヒーも飲める場所」という印象が強かったように思います。

 

メニューが絞られた喫茶店やカフェ

そうした軽食が色々と食べられる喫茶店からだんだんと変化したのが、「ドトールコーヒー」などサンドウィッチのようなパン系を主に提供する喫茶店やカフェです。

 

昔ながらの喫茶店は少なくなってきましたが、こうしたパンを主に食べられる喫茶店やカフェは数多くあります。スープやサラダなどもありますが、主に提供するのはパン類で、スパゲッティなどの麺類、ご飯ものなどはありません。

 

また、こうしたメニューの提供の仕方をするお店は“喫茶店”というより“カフェ”と言う名前を使っていることの方が多いのではないでしょうか。法律的には、喫茶店とカフェはアルコールが提供できるかどうかで名前が変わるのですが、実際のところはお店の雰囲気やフードメニューで名前が決められることが多いように思います。

 

焼き菓子&ケーキとコーヒーのカフェ

さらに、“食事をする場所”というより、“コーヒを楽しむ場所”を目指したのが、現在流行になっている「ブルーボトルコーヒー」や「スターバックスコーヒー」などです。

 

最近のスタバでは、サンドウィッチ類のメニューもありますが、当初は焼き菓子類などを主に提供していました。ブルーボトルコーヒーなども、フードは軽いパンや焼き菓子類だけで基本的にはコーヒーを飲む場所を目指したメニュー作りをしているようです。

 

このように現在のカフェは、まだ数は多くないながらも、食事をする場所からだんだんとコーヒーを飲む場所を目指してきている傾向があります。

 

まとめ

昔ながらの自家焙煎珈琲店など、以前から日本でも“コーヒーを飲む場所”としての喫茶店は存在しました。ですが、その数はとても少なく、カフェや喫茶店はやはり食事もできる場所というイメージが強かったように思います。

 

ブルーボトルやスターバックスなど“コーヒーを飲める場所”としてのカフェが増え、お客さんの認知度も上がってきたことで今後カフェのスタイルがどのようになっていくかは分かりませんが、日本のカフェ業界はまた新たな変化を見せる時に来ているのかもしれません。

 

関連記事:カフェや喫茶店で冷凍食品を使うなんてありえない!?レトルト、冷凍、手作りの関係

BEST★カフェ (流行発信MOOK)

BEST★カフェ (流行発信MOOK)