読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

ハリオとコーノ式はどう違う?2つのドリッパーを比較してみた

コーヒーの淹れ方&器具

コーヒーのドリッパーにはいくつかの種類があります。その中でも、最も有名なブランドと言えばハリオ(HARIO)の名をあげる人は少なくないでしょう。コーヒーについてあまり詳しくなくとも、ハリオのドリッパーぐらいは知っていると言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 一方、そんなハリオのドリッパーに対して強い対抗意識を持っているブランドがあります。それがコーノ式と呼ばれる、コーノ(KONO)のドリッパーです。

 

f:id:nyarumeku:20150522185804j:plain

 

なぜ対抗意識を持っていると言われるかは後でご紹介しますが、多くの人が思うことは「ドリッパーの形ぐらいでそんなに味が変わるの?」という疑問でしょう。

 

そこで今回は、実験を行い、これらの2つのドリッパーの間で本当にコーヒーの味に違いが出るのか、それぞれのブランドが販売しているペーパーと合わせて比較してみました。

 

2つのブランドの最大の違いはリブ

まず、ハリオとコーノのドリッパーの最大の違いはなんでしょうか。それは、2つのドリッパーのリブ(溝)の長さにあります。下の画像の左側がハリオのドリッパーで、右側がコーノのドリッパーです。2つのリブの違いについて比べてみて下さい。

 

f:id:nyarumeku:20150522185951j:plain

 

若干見づらいですが、ハリオのリブはスパイラルしているうえ、ドリッパーの一番上まで入れてあるのに対し、コーノのリブはドリッパーの下部分にしか入れてありません。

 

2つのドリッパーは、傾きなどにも違いはありますが、最も大きな違いと言えば、このリブの長さに違いがあると言えるでしょう。

 

先ほど、コーノはハリオに対して強い対抗意識があると言いましたが、このリブに関する宣伝文句を見てみれば分かります。コーノ式の説明文は以下の通り。

 

※類似品にご注意ください!

コーノ円すいフィルターは下部のみにリブがあり上部にペーパーがはりつく為、コーヒー液がセンターに集中するように作られております。類似品は上部までリブがあり、コーヒー液はセンターに集中せずサイド部分より横モレしてしまう構造になっています。

コーノ円すいフィルターは、純正のコーノ円すいペーパーを使用することにより更にコーヒーの味が引き立つよう工夫されています。よりおいしいコーヒー抽出のためにも、コーノ円すいフィルター&ペーパーのご使用をお奨めします。

出典:コーノ式(KONO式) 円すいペーパーフィルター

 

これは、とある販売サイトの宣伝文句ですが、明らかに“類似品”とはハリオのドリッパーを指しています。他の販売サイトでも、だいたいはハリオのドリッパーを強く意識した宣伝をされていますね。

 

また、ハリオとコーノは、それぞれドリッパー以外にも違いを持っています。

 

2つのブランドのペーパーの違い

ハリオとコーノは、それぞれ独自にドリッパーに載せるペーパーのオリジナル商品を販売しています。

 

見た目には分からないと思いますが、コーノ式の商品の説明書きによると、コーノのペーパーの特徴は以下の通り。

 

f:id:nyarumeku:20150522191219j:plain

 

「ペーパーでそんなにも違うものか?」と思われるかもしれませんが、実際に触ってみると、確かにコーノ式のペーパーの方が厚く、よりドリッパーにくっつきやすいような作りになっていることが分かります。

 

さて、こうしたドリッパーとペーパーの違いは、コーヒーを淹れる時にどのような違いとなって現れるのでしょうか。

 

リブとペーパーの違いはお湯の落ち方に影響

そこで、今回はまずコーノ式のドリッパー&ペーパーとハリオのドリッパー&ペーパーを組み合わせて、それぞれ4パターンの違いを比べてみました。

 

まずは、コーヒー豆も何もいれずに、250CCのお湯を一気に投入した時、どのぐらいの早さでお湯が落ちるかを何度か実験。すると平均タイムは以下のようになりました。

 

コーノ(ドリッパー)×コーノ(ペーパー)⇒18.15秒

コーノ(ドリッパー)×ハリオ(ペーパー)⇒17.40秒

ハリオ(ドリッパー)×コーノ(ペーパー)⇒17.27秒

ハリオ(ドリッパー)×ハリオ(ペーパー)⇒17.08秒

 

測定の仕方によって誤差はあるかもしれませんが、お湯が落ち切るのが最も遅かったのは、コーノのドリッパーにコーノのペーパーを使った組み合わせで、最も早かったのはハリオのドリッパーにハリオのペーパーを組み合わせた時でした。

 

ここまで明らかな違いが出るとは思っていなかったので、面白いですね。そして今度は、実際にコーヒーを淹れて味を比較してみます。数名で味を比較してみた結果、2つのブランドの違いは以下の通り。

 

コーノ式のドリッパーでコーノのペーパー

ハリオに比べて、コーヒーの味や香りが強く出やすい。最初のインパクトが大きく、後味がスッキリしている印象。濃いめの味が好きな人はこちら。

 

ハリオのドリッパーでハリオのペーパー

コーノ式に比べて最初のインパクトこそ無いものの、後味が楽しめるコーヒーになりやすい。コーヒーの伸びが出やすい。余韻のある味を楽しみたい人にいはこちら。

 

これは実際に飲んでもらわないと分かりませんが、確かにそれぞれのドリッパーとペーパーには味の違いがあることが分かりました。ちなみに、それぞれのブランドのドリッパーとペーパーを組み合わせた場合は、上に書いたそれぞれの特徴が半々に出やすい印象です。

 

皆さんも、お好みの味に合わせてドリッパーの味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

他の代表的なドリッパーの特徴などに関しては、以下のサイトが詳しいので、興味のある方はそちらも見てみると良いかもしれません。