寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

アイスコーヒーの作り方5つを全公開!―水出しコーヒーから専用の器具までまとめ―

これから夏本番!普段はホットしか飲まない人でもときどき冷たいアイスコーヒーが飲みたくなる季節です。ただ、同じアイスコーヒーと言っても、その作り方は一つだけではありません。

 

ホットで淹れたコーヒーをじっくり冷やすものもあれば、水出しで淹れるもの、氷で急冷するものなどいろいろなやり方があります。ホットに関しては「自分でコーヒーを淹れるってめんどくさい」と思われている方も、アイスは自分で作っているというぐらい簡単なやり方もあります。

 

そこで今回は、そういったアイスコーヒーの作り方について5つ簡単なものから本格的なものまでご紹介したいと思います。

 

f:id:nyarumeku:20150603142222j:plain


水出し珈琲(ダッチコーヒー)

アイスコーヒーの中でも水出し珈琲はダッチコーヒーと呼ぶこともあります。もし、どこかでダッチコーヒーという名前を聞いたことがあれば、それは水出し珈琲のことを指していると思ってください。

 

水出しには大きく分けて2つのやり方があります。1つは専用の器具を使うやり方で、もう1つはお茶のパックをボトルに浸けておくようにコーヒーバッグを水に浸けておくやり方、いわゆる“どぶ漬け”というやり方です。

 

1.専用の器具を使った水出し

水出し珈琲を作る器具には、プロ向けと一般家庭向けのものがありますが、今回は一般の家庭向けのものをご紹介したいと思います。水出しを作るためによく使われるのが、このウォータードリップコーヒーサーバーという器具です。

 

中央の水タンクにコーヒーの粉と水を入れておくだけで、水が底にぽたぽたと落ちていき水出し珈琲ができるという優れものです。前日の夜に水と珈琲豆を入れておけば美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

時間をかけて抽出するので、コクのある味になりやすく、本格的な珈琲が好きな方にもおすすめです。

 

2. どぶ漬けの水出し珈琲

これは解説するまでも無いかもしれません。皆さんが麦茶のティーバッグを使って麦茶を淹れるように、水出し珈琲のコーヒーバッグを使ってボトルなどに水と一緒に浸けておくだけで完成します。

 

ちなみに、豆を焼いているロースターなどからコーヒーを購入している場合、コーヒーバッグの状態になっていないという方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、百均に売ってあるようなお茶のバッグにコーヒー豆を入れておくと、インスタントのコーヒーバッグと同じように使えます。

 

f:id:nyarumeku:20150603142244j:plain

 

こうやってコーヒーバッグに入れるのがめんどくさいという人は、アイスコーヒーを作る専用のコーヒーポットを使っても良いかもしれません。これなら、中央に粉を入れて水を注げば放置しておくだけで水出しのアイスコーヒーができています。

 

どぶ漬けは一番簡単な方法だとは思いますが、はっきりとしたコーヒーの味というよりは、甘めのまろやかな味になりやすいです。ぐいぐい飲みたいタイプの方はこちらの淹れ方のほうが良いかもしれません。

 

ホットコーヒーをアイスにする淹れ方

喫茶店などでも水出し珈琲を出すことはありますが、もう1つ多いのがホットコーヒーを一度淹れておいて後から冷やすというやり方です。ホットコーヒーをアイスコーヒーにする淹れ方は大きく分けて3つあります。

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

3. 濃いめにドリップコーヒーを淹れて氷で冷やす

普段、家庭でドリップコーヒーを淹れる時よりも濃いめに作って、氷を入れたグラスに入れてアイスにするやり方です。ドリップコーヒーを作り慣れている方にはおススメのやり方で、そういった方は新たに器具を買う必要もありません。

 

ただし、アイスコーヒーの濃さの調整が難しく、濃すぎたり薄すぎたりすることもあります。技術力がいるやり方です。

 

4. 専用の器具を使って急冷する

自分でコーヒーの濃さを調整するのが難しいなら、ホットコーヒーを急冷してアイスコーヒーにする器具を使う方法もあります。その器具がハリオのアイスコーヒーメーカーです。

 

中央に氷を入れて、上からホットコーヒーをドリップしていけば、氷に急冷されてアイスコーヒーがすぐに出来上がるというやり方です。この方法の最大のメリットは、目盛りがついているので、自分で水の量を計算しなくていいということです。

 

そのため、水の量の調整に失敗して薄すぎたり濃すぎたりといったことがほとんど無くなります。あと、なにより見た目がカッコいいです。

 

5. 普通にホットを作って冷蔵庫などでじっくり冷やす

最後のやり方は、普通にホットコーヒーを淹れておいて、あら熱を取ったうえで冷蔵庫などを使ってじっくり冷やす方法です。

 

手間はかかりますが、コーヒーが薄まらないので、他のホットコーヒーを冷やすやり方に比べてしっかりとコーヒーの味を楽しむことができます。そのため、喫茶店やカフェなどでは、こうしたやり方をするところもあります。

 

ただ、時間をかけるやり方になるので、できるだけ急いで飲みたい場合は、ボウルに氷や水を入れて、その中心でグラスやカップに入れたコーヒーをぐるぐる回すというやり方もおすすめします。数分もあればコーヒーがぬるくなるので、それを氷の中に入れれば美味しいアイスコーヒーの出来上がりです。

 

f:id:nyarumeku:20150603142639j:plain

 

この方法のメリットは、コーヒーが薄まらないという点ですが、欠点はとにかくめんどくさいという点です。わざわざホットコーヒーで淹れたものをじっくりアイスにするので、家庭だとあまりやらない方法だと思います。ここまでするなら、喫茶店に飲みに行ったほうがいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか。基本的にめんどくさがりの人であれば、ホットコーヒーをアイスにするよりも、最初から水出しでコーヒーを淹れることをおすすめします。

 

特に、「ウォータードリップコーヒーサーバー 」は、コーヒー粉と水を入れておくだけなので、ものすごく簡単な上に器具自体も安く、自宅で初めてコーヒーを淹れてみたという方にもぴったりです。

 

一方、普段から自宅でドリップコーヒーを淹れている方には「ハリオのアイスコーヒーメーカー」をお勧めします。普通に自宅でコーヒーを淹れる感覚でアイスコーヒーができるので、使いやすいことでしょう。

 

これから夏本番ですので、ぜひ美味しいアイスコーヒーを自宅で楽しんでください。