読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

自宅で簡単!専門道具を買わずに急須でコーヒーを淹れてみませんか?

コーヒーを淹れるのに、専門的な道具が必要だと思っていませんか?

 

確かに、美味しくいれるためには、そしてできるだけ簡単に淹れるためには、コーヒーを淹れるための専門のグッズを使ったほうが良いでしょう。ですが、自宅で簡単にコーヒーを淹れる程度であれば、自宅にある調理グッズでもすぐに代用できるんです。

 

そこで今回は、お茶を淹れるために使われる「急須(きゅうす)」を使って、色々なコーヒーグッズの代用品としてコーヒーを淹れてみたいと思います。

 

f:id:nyarumeku:20150617200812j:plain

 

ケトルの代わりに急須を使ってみよう!

まず、コーヒーグッズの中から急須で代用できそうなものと言われて一番に思いつくのがケトルではないでしょうか。

 

確かに、お湯を注ぐ機能だけで言えば、ケトルも急須もそんなに変わらないように感じます。そこで、実際に急須でお湯を注いでコーヒーを淹れられるのかを実践してみることにしました。

 

ただ、安物の急須だとお湯がしたたって上手くお湯を一定のスピードで注げないということが判明。そこで急きょ100円均一からお湯が垂れないようにするゴムを購入してきました。これで大丈夫なはずです。

 

f:id:nyarumeku:20150617201030j:plain

 

そして、これを使って実際に淹れている最中の様子がこちら。ちゃんとお湯を注げていることが分かるかと思います。

 

f:id:nyarumeku:20150617201104j:plain

 

さて、急須で淹れたコーヒーですが、普通に美味しかったです。コーヒー専門のケトルで淹れた時とめちゃくちゃ大きな味の違いが出るわけではないよう。ただ、実際に急須で淹れた使用感には大きな違いが出るようです。

 

急須とケトルを比べた時の急須のデメリットは以下の通り。

 

  • 落とす湯量を安定させるのに多少技術がいる
  • 重たいので腕が疲れる
  • ふたを抑えなければいけないので、若干面倒

 

つまり、ケトルのほうがコーヒーを淹れるのに使用感として優れているということですね。味の違いよりも、使い勝手のような部分に差が出てくるようです。

 

さて、急須の本来の機能と言えば、お湯を注ぐだけではありませんよね? そうです。お茶葉をお湯に浸して、お茶を淹れるという役割もあります。というか、これが普通の使い方です。実は、これに似たようなコーヒーの淹れ方があります。今度は、その道具の代用品として使ってみましょう。

 

プレスの代わりに急須を使ってみよう!

そう。挽いたコーヒーの粉をお湯に浸して淹れるやり方と言えば、プレスと呼ばれる道具を思い浮かべる人も少なくないでしょう。実際、コーヒー豆とお湯を一緒に入れて抽出することによってできるプレスのコーヒーの作り方は、お茶の作り方に非常に似ていますよね。

 

今回は、このプレスの代用品として急須を使ってみましょう。

 

 とは言っても、やり方は難しくありません。普通にお茶を淹れる時のように、中央の金網部分にコーヒー豆をざっと入れ、あとは人数分のお湯を注いで4分間待つだけです。本当に簡単。

 

f:id:nyarumeku:20150617201503j:plain

 

とりあえず、これで淹れてみた結果としては少し薄いけれど自宅用としては問題なく美味しいといった感じ。普通に美味しいです。

 

ただし、今回はフレンチプレスとの使用感というより、味の出かたに違いが出てきました。大きく分けて、2つの要素がからんでいるでしょう。

 

  • 急須はプレスに比べて横長なので、それに合わせたレシピ開発が必要
  • プレスと比べて最後に押し出す過程が無いので、少し薄く仕上がってしまう

 

この2点が急須の問題点と言えるかもしれません。ものすごく大きな差というわけではないので、自宅で飲むぶんには全く問題ありませんが、気になる人は気になるかもしれません。

 

まとめ

今回、ケトルやプレスの代わりに急須を使用してみた感想としては、「ほぼ問題なく代用品として使える」ということでした。意外と、コーヒーを淹れるためのグッズとしても使えないこともないようです。

 

ただし、使用感や機能性、味の出かたなど全く問題がないわけではないので、コーヒーの味にこだわる方や普段からコーヒーをよく飲まれる方は、やはり普通にコーヒー専用のグッズを買ったほうが良いと言えるでしょう。

 

見た目もカッコいいですしね。