読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

アメリカンとアメリカーノの違いとは?カフェのコーヒーメニューについて知ろう!

カフェや喫茶店でメニューを見たとき、“アメリカンコーヒー”と“カフェアメリカーノ”という名前のドリンクを見かけたことがありませんか?

 

あまりコーヒーに興味が無い人だと、これらのドリンクを全く同じ飲みものだと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

ですが、アメリカンとアメリカーノは実は全く別物の飲みものなのです。そこで今回は、アメリカンとアメリカーノの違いについてご紹介したいと思います。

 

アメリカンとアメリカーノの違い

「アメリカーノは聞いたことが無いけれど、アメリカンコーヒーについては耳にしたことがある」という人は少なくないと思います。アメリカーノがないような昔ながらの喫茶店でもアメリカンコーヒーはメニューにあることが多いからです。

 

アメリカンコーヒーは、浅焼きのコーヒー豆で淹れたコーヒー、もしくは普通にドリップで淹れたコーヒーをお湯で薄めたコーヒーのことを指します。

 

人によっては「浅焼きの豆で淹れたコーヒーが正式なアメリカンコーヒーだ」という方もいらっしゃいますが、少なくとも日本のカフェや喫茶店では厳密に区別されていないので、どちらが出てくるか分かりません。

 

ものすごく大ざっぱに言えば、“あまり苦みのない薄めなコーヒー”のことをアメリカンと呼ぶと思っておくと良いでしょう。

 

一方で、アメリカーノはエスプレッソコーヒーをお湯で薄めたドリンクのことで、カフェ・アメリカーノと呼ばれたりもします。

 

f:id:nyarumeku:20150624201604j:plain

 

ホットコーヒーをオーダーすれば、普通はドリップコーヒーが出てくることが多いですが、カフェによっては、このアメリカーノが出てくることもあるようです。

 

アメリカンが普通のコーヒーよりも苦みが薄いコーヒーになりがちなのに対して、アメリカーノは濃いエスプレッソを薄めているので、味としてはよりレギュラーコーヒーに近いと言えるかもしれませんが、後味がすっきりとした味になりやすいようです。

 

アメリカンとアメリカーノの由来

アメリカンコーヒーが薄い理由に関してはいろいろな理由が伝えられていますが、よく言われているのは、「もともと紅茶文化であった当時のアメリカ人が紅茶のように薄くして飲むためにできた」という説を聞くことがあります。

 

他にも、「浅焼きの豆のほうが深く焼いた場合よりも重量が増えるので、より少量の豆でより高く売るために焼き方を浅くした」という説を聞くこともあります。

 

一方で、アメリカーノに関しては「戦時中にイタリアに駐屯していたアメリカ兵がエスプレッソではなくレギュラーコーヒーを飲みたがったために、エスプレッソをお湯で薄めた」という説があるそうです。

 

正直なところ、どれが正しくてどれが間違いなのか分からないので、あくまで「こういう説があるよ」という程度の雑学として覚えておくと面白いかもしれません。

 

お店で頼むときには、アメリカンとアメリカーノがどんな違いがあるかを大ざっぱに覚えておけば十分でしょう。