寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

コーヒーが美味しいカフェの見分け方とは?コーヒーの保存方法に気を付けよう!

みなさんはお家でコーヒーを淹れられるとき、どのようにコーヒー豆(粉)を保存されているでしょうか。もしくは、カフェでコーヒーを飲むときに、どんな方法で保存されているかに気を付けてみたことがあるでしょうか。

 

同じコーヒー豆でも、その保存状態でコーヒーの美味しさは驚くほど変わってきます。ちょっとしたことに気を付けるだけで、美味しいコーヒーを味わうことができるのです。

 

コーヒー豆をどのように保存しているかを見れば、そのお店がどれだけコーヒーのことを知っているかも判断可能だと言えるでしょう。それでは、どういったことがコーヒー豆の保存には重要なのでしょうか。


コーヒーは生鮮食品

コーヒー豆は、多くの生もの、野菜や肉などに比べてすごく長持ちします。かなりの間放っておいた豆であっても、コーヒーを淹れること自体はできるでしょう。

 

ですが、飲めるからといって、美味しさがずっと保たれているかというと、そうではありません。コーヒー豆は、焙煎されてから毎日のごとく劣化していきます。

 

豆の状態なら1ヶ月、粉の状態なら1週間以内が一番コーヒーにとっておいしい時です。それ以上時間が経ってしまうと、質の良い豆でも味の劣化が進んでしまうので気を付けましょう。

 

余談ですが、コーヒーの生豆が入っている袋といえば、麻袋を思い浮かべる方が多いかもしれません。実際、今も雑貨屋などではコーヒーの麻袋が販売されているのをよく見かけます。

 

 

ですが現在、高品質のコーヒー豆の中には、アルミの真空パックで生産国から送られてくるものも少なくありません。それほど、コーヒー豆の保存と鮮度には気が使われるようになってきているのです。

 

では、そんな生鮮食品のコーヒー豆の美味しさを保つためには、いったいどんな保存をしなければいけないのでしょうか。

 

空気による劣化からコーヒーを守る

コーヒー豆は空気に触れると、どんどん酸化していきます。

 

ですので、密閉された袋、容器で保存するのが良いでしょう。お店に並んでいるコーヒー豆ももちろん密閉されていますし、真空パックになっているものを見かけると思います。最近では、インスタントコーヒーですら真空パックになっているものがほとんどです。

 

 使用する袋はジップロック等でも良いですが、ビニールはアルミの袋に比べて空気を通しやすいので、出来ればアルミの袋(買ったときのアルミの袋をシーラーでとめる)が一番良いでしょう。

 

また、コーヒー豆は粉にするより、豆のままの方がより長く美味しく飲むことができます。それは、コーヒー豆を粉にする事で、空気に触れる部分がとても多くなってしまって、酸化が早まるからです。

 

コーヒーを自宅で淹れる際には、できるならばコーヒーを豆の状態で買ってきて、自宅で挽いたものをその場で淹れるようにしたほうがよいでしょう。


熱による劣化からコーヒーを守る

コーヒー豆は、他の食品と同じように熱にも弱いです。通常であれば常温で構わないのですが、すごく暑い夏は常温だと劣化してしまいます。

 

ですので、涼しいところや、冷蔵庫、冷凍庫に入れて保存するのが望ましいでしょう。冷凍だとある程度長期保存が出来ます。


水分や湿気の劣化からコーヒーを守る

コーヒー豆は水にも弱いです。湿気の多いところを避けたり、水分を通してしまうような袋での保存は避けましょう。これもやはり、ビニールではなくアルミの袋が良いでしょう。


光による劣化からコーヒーを守る

じつは、光でもコーヒー豆は劣化すると言われます。ですので、透明な瓶や袋ではなく不透明なものに入れて保管しましょう。

 

美味しいコーヒー屋の見分け方

必ずしも美味しいコーヒー屋かは分かりませんが、コーヒーの保存方法を見ることで「コーヒーにこだわりのあるカフェや喫茶店かどうか」を見分けることは可能です。

 

ここまでご紹介してきたように、コーヒー豆は空気、水分、熱、光などが原因で劣化していきます。そのため、透明の瓶などにコーヒー豆をディスプレイしてしまうと、光などで劣化が進みやすくなるのです。

 

おしゃれなカフェや喫茶店であくまで飾りとして展示しているだけのお店もありますが、お客さんに出すコーヒーをこういった瓶に保存している場合は、劣化が進んでしまっている場合もあります。

 

今度カフェや喫茶店でコーヒーを飲まれるときは、そのコーヒー豆がどんな容器から出されたかも見てみると面白いかもしれません。