寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

スタバのキャラメルマキアートと、普通のカフェにあるマキアートはなにが違うの?

カフェの注文で意外と多くの方が誤解しているドリンクの1つが「カフェ・マキアート(通称“マキアート”)」です。この名前を見ると、大量のミルクに甘いシロップがかかったドリンクを思い浮かべる方が多いようです。

 

ですが、喫茶店やカフェで甘いドリンクが出てくると思って「マキアート」を注文すると、大変なことになります。では、この“甘いドリンク”というイメージはどこから作られたのでしょうか。そして、本当はどんな飲み物なのでしょうか。

 

マキアートは甘いドリンク?

「マキアートというドリンクが“甘い飲みものである」というイメージは、スターバックスコーヒーの「キャラメルマキアート」から連想されているのではないかと言われています。

 

f:id:nyarumeku:20150128005104p:plain

 

知っている人には言うまでもないかもしれませんが、キャラメルマキアートとは以下のようなドリンクを指します。

 

バニラシロップとスチームミルクのコンビネーションになめらかなフォームミルクをたっぷりのせ、その上からエスプレッソを注いでアクセントを付けました。仕上げにオリジナルキャラメルソースをトッピングしています。

キャラメル マキアート|スターバックス コーヒー ジャパン

 

このように、スタバのキャラメルマキアートはミルクたっぷりの甘いドリンクです。そのためか、喫茶店やカフェでマキアートという名前を見ると、同じようなドリンクが出てくると思われる方が多いようです。

 

ですが、カフェや喫茶店でこの名前が呼ばれるときは、スタバのものとは全く異なるドリンクのことを指しています。それでは、本来はどんなものなのでしょう。

 

茶色いキャンバスに白い染み

本来のカフェ・マキアートとは、エスプレッソ(濃いコーヒー)に少量のフォームドミルクを注いだドリンクのことです。

 

f:id:nyarumeku:20150128005429j:plain

 

これは“染みのついた”というイタリア語が語源になっています。茶色いエスプレッソに注いだミルクの跡が染みのように見えることから、そう呼ばれています。

 

スタバのドリンクを想像してカフェでマキアートを注文すると、本来のものはシロップも入ってないうえミルクの量も少ないので、かなり苦く感じることでしょう。苦いものが苦手な人が頼んでしまったら大変なことになります。

 

また、他にも違うところがあります。

 

本来のマキアートは「デミタス」と呼ばれる小さなカップで提供されるので、非常に小さなサイズのドリンクなのです。普通のカップと比べてみましょう。

 

f:id:nyarumeku:20150128005659j:plain

 

左が普通のレギュラーカップ、右がデミタスカップです。デミタスは普通のカップの半分から3分の1程度の大きさしかないので、かなり濃いドリンクができあがります。

 

スタバのキャラメルマキアートは大きなカップで提供されるので、それに比べればかなり少ない量のドリンクしか出てこず、知らない人はびっくりしてしまうかもしれません。

 

スタバのキャラメルマキアートってなんなの?

それでは、スタバのキャラメルマキアートとは一体なんなのでしょうか。キャラメルマキアートのマキアートとは一体どんな意味なのでしょうか。

 

先ほどご紹介したように、マキアートとは、そもそも「染みのついた」という意味の単語です。その意味では、ミルクの上にキャラメルシロップの「染み」をつけたキャラメルマキアートも、その1つと言えるのです。

 

つまり、本来のマキアートはエスプレッソにミルクで“染み(マキアート)”をつけたドリンクですが、スタバのキャラメルマキアートはミルクの上にキャラメルの“染み”をつけたドリンクだという違いがあります。

 

他のチェーン店にマキアートはあるの?

ちなみに、本来のカフェ・マキアートというドリンクはスタバにこそありますが、「タリーズコーヒー」や「ドトールコーヒー」などのメニューなどには見当たりません。ですので、チェーン店しか利用したことの無い人はこのドリンクを飲んだことが無い可能性もあります。

 

気になる方は、一度お近くのコーヒー専門店で注文してみると良いでしょう。