読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

金属フィルター、ネルドリッパー、ペーパーフィルター、セラミックフィルターの違いってなに?―フィルターと味や淹れ方の違い―

「自宅でドリップコーヒーを淹れよう!」

 

コーヒー好きの方であれば、一度はそう思ったことがあるかもしれません。ですが、中にはドリップコーヒーを淹れるためのコーヒー器具の数が多すぎて、何を買えばいいかわからなくなってしまった人も多いでしょう。

 

特に、ドリッパーに合わせる"フィルター"に関してはペーパーなのか、ネルなのか、それとも金属なのかと、その違いが分からない人も少なくないと思います。

 

そこで今回は、それぞれのフィルターの違いや特徴についてご紹介していきたいと思います。

 

f:id:nyarumeku:20150904202147j:plain

 

ペーパーフィルターの特徴

おそらく「ドリップコーヒー」と聞いて、一番多くの方が思い浮かべるのがペーパーフィルターによるドリップでしょう。

 

 もともと、ペーパ―フィルターはご家庭で衛生的に、そして簡単に淹れられるよう開発されたものなので、自宅でも簡単に使用することができます。

 

また、ある意味で最もスタンダードな味と言えます。味の表現をするのが少し難しいですが、他のフィルターに比べるとクリアですっきりとした味になりやすいです。

 

イメージし辛いという方は、基本的には"カフェのコーヒーの味"を思い浮かべていただければいいと思います。少し前までは、後でご紹介するネルを使ったドリップをする喫茶店も多かったのですが、最近では多くがペーパ―フィルターに変化してきました。

 

ですので、カフェのコーヒーの味と言えば、おそらく味のイメージとしては問題がないと思います。

 

ただ、カフェによって使用しているドリッパーの形などが違うので、自分が好きなカフェの味を出したい場合は、そのカフェがどんな形のドリッパーを使っているのか注意する必要があります。

 

ペーパ―を使うメリット

  • カフェのコーヒーの味に近い
  • 衛生的
  • ペーパ―を捨てるだけなので、後片付けが楽

 

ペーパ―を使うデメリット

  • ドリッパーの種類が多すぎて、初心者だと選びづらい
  • 淹れ方がダイレクトに味に出てくる
  • ペーパ―を買いなおす必要がある

 

ネルドリッパーの特徴

昔ながらの喫茶店によく行かれる方は、ネルを使ったドリップを見たことがあるかもしれません。

 

最近では使用するお店もかなり減ってはきましたが、今でも現役ですし、根強い愛好家の方もいらっしゃいます。玄人好みのドリッパーと言っても差し支えないと思います。

 

よく言われることとしては、雑味の少ないまろやかな味に仕上がるという特徴があります。実際、確かにネルドリップの味はまろやかな味になりやすいと言えます。

 

ただ、とにかく面倒くさいのがネルの特徴。まず、最初に使用するときにはコーヒー液で煮出す必要がありますし、保管をするときにも乾かしてはいけないといった細かい作業が多々あります。

 

もちろん、それをしなければ味に影響が出てくるので仕方ないのですが、ご家庭で淹れることを考えれば面倒なことには違いありません。よっぽどの愛好家の方でなければ、安易に手を出すと管理が少し面倒かもしれません。

 

ネルを使うメリット

  • まろやかな味になる
  • 雑味を感じにくい
  • 一度買ってしまえば、ペーパ―を買い替えるコストはない

 

ペーパ―を使うデメリット

  • とにかく面倒(後片付け、保存、使い始めetc……)
  • 扱い方について勉強する必要がある
  • 豆の挽き方によっては根詰まりする可能性も

 

金属フィルターの特徴

そして、あまり見かけることは多くないかもしれませんが、たまに使っている人がいるのが金属フィルターです。

 

ペーパ―やネルなどを通さないので、コーヒーの味をそのままダイレクトに感じられるのが特徴です。ナッツの風味を持つブラジルであればナッツを食べているような、酸味のある豆を使えばフルーツジュースを飲んでいるかのような感覚になります。

 

ドリッパーとは違いますが、フレンチプレスなどの味に近いと言えば近いでしょうか。

 

ただ、プレスのような浸漬法とは違い、あくまで透過法(ドリップ)なので、よりはっきりと、そしてクリアにコーヒー豆の味を感じられるのが特徴です。

 

「コーヒーの味をそのままダイレクトに感じられるなら、そのほうが良いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、確実に好みが分かれるので、どこかで試飲されてから購入したほうがいいと思います。

 

特に、"コーヒーらしいコーヒー"が好きな方は好まないかもしれません。ユニークな飲み物が好きという方は買ってみてもいいかもしれませんが、冒険したくない方は金属フィルターは避けておいた方が無難でしょう。

 

金属フィルターを使うメリット

  • コーヒーの味をそのまま味わえる
  • 長期的に使うと考えると、安い
  • 一度買ってしまえば、ペーパ―を買い替えるコストはない

 

金属フィルターを使うデメリット

  • 後片付けが少し面倒
  • 好みが確実に分かれる
  • 豆の挽き方によっては根詰まりする可能性も

 

セラミックフィルターの特徴

最近、少しずつ目にすることが増えてきたのがセラミックフィルターのドリッパーです。あまりカフェなどでは見かけませんが、地味にご自宅で使う人が増えています。

 

少しネルドリップの雰囲気に似ており、雑味が少なくまろやかな味になりやすいフィルターです。

 

ですが、ネルよりも、より優しい味になりやすく、悪く言えばどのコーヒー豆を使っても似たような味になりやすい傾向があります(もちろん違いは感じられますが)。抽出にかかる時間も3,4分ほど必要です。

 

また、ネルよりはマシですが、扱いが面倒なのも特徴です。たとえば、洗うときに洗剤を使ってはいけない、フィルターに豆が根詰まりしたら火にかけて焼き切るなど、他のフィルターとは違った管理方法が必要になってきます。

 

管理の面倒さを踏まえても優しい味のコーヒーを出したいという方にはおすすめです。

 

セラミックフィルターを使うメリット

  • 優しい、丸みのあるコーヒーを味わえる
  • 珍しいので、コレクションとして持っておくと良いかも
  • 一度買ってしまえば、ペーパ―を買い替えるコストはない

 

金属フィルターを使うデメリット

  • 後片付けが面倒
  • 抽出時間が長い
  • 豆の特徴を感じにくい
  • 扱い方を簡単に勉強する必要がある

 

まとめ

いろいろとフィルターをご紹介しましたが、「結局、どれを買えばいいの?」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここまでを読んで何を買えばいいのか判断がつかなかった方は、素直にペーパ―フィルターを使っておいた方が無難だと思います。

 

インターネットだけでなく、書籍やカフェのレシピなどでもペーパーフィルターを使ったものがほとんどなので困ることが少ないと思いますし、味も"一般的なコーヒー"に近いので、(よっぽど変な淹れ方をしなければ)コーヒーのイメージから大きく外れた飲みものが出来上がる可能性も少ないと思います。

 

ペーパ―フィルターを使うと決めたうえで、どの形のドリッパーが自分の好みに分からないといった方は、以下の本を参考にしてみるとよいでしょう。