読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

コーヒーをドリップするケトルは何を気をつければいいの?おしゃれさ?機能性?おすすめは?

ドリップコーヒーを自宅で淹れようと思うときに、かかせないのがお湯を落とすためのヤカンです。コーヒー器具のヤカンを指すときには、一般的には英語名のケトルと呼ばれます。

 

そんなケトルには、一般的に使用されているものもあれば、コーヒー専用のものもあります。

 

ですが、そもそも「お湯を注ぐ」ためだけにコーヒー専用のケトルを買う必要があるのでしょうか。コーヒー専用のケトルを買うとして、どんなところを見ていけばよいのでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20160225184950j:plain

 

コーヒー専用のケトル?ヤカンじゃダメなの?

まず、大前提としてコーヒーを抽出するうえで、コーヒー専用のケトルは必ず必要なものなのでしょうか?

 

答えとしては、NOです。

 

別にコーヒーを抽出するのに専用ケトルが絶対必要ということは決してありません。ご自宅にあるヤカンやお茶の急須のようなものだって、極論はお湯を注げればなんでもいいのです。

 

では、なぜ専用のケトルを使う必要があるのでしょうか。

 

それはお湯を"細く""安定して"注ぐためです。

 

コーヒー専用のケトルと一口に言っても様々な形のものがありますが、どのケトルにしても共通に言えることは、通常のヤカンなどよりも安定して細く注げることが特徴です。

 

ドリップコーヒーの抽出には繊細なお湯の注ぎ方が要求されます。お湯の細さには各レシピで差があるものの、いずれのレシピにしてもある程度はお湯を細く注ぐことを求めるはずです。

 

自家焙煎店やロースターで買ったコーヒー豆には必ずと言っていいほどそのお店のドリップレシピが書いてありますが、そういったプロのレシピや味に近づけようと思えば思うほど、専用のケトルが必要になってきます。

 

コーヒー専用ケトルの比較の仕方

コーヒー専用ケトルはすべて同じ形というわけではありません。

 

メーカーや製品などによって向いている、もしくは向いていないレシピ・注ぎ方があります。たとえば、以下のケトルを見てください。

 

f:id:nyarumeku:20160225184950j:plain

 

それぞれ、左がHARIO社製の「V60ドリップケトル ヴォーノ」と右が月兎印の「スリムポット」といいます。見比べても分かるように、注ぎ口の傾き方、注ぎ口から本体部への距離、注ぎ口の根元の太さなど、いろいろな点で異なっています。

 

おしゃれで可愛いからという理由で右の月兎のスリムポットを買われる方も多いですし、機能的にも決して悪くないのですが、それが本当に自分の淹れたいコーヒーの淹れ方に合っているかが問題です。

 

たとえば、右側のケトルはドリップの際に何度かに分けて注ぎ分けるタイプの淹れ方をするバリスタがよく使うタイプの形です。お湯のキレが良いので、お湯を注ぎ分けるのに向いています。最近では、自家焙煎店がよく使っていることが多いでしょう。

 

一方で、左側のHARIO社製のドリップケトルは、蒸らしを終えたら注ぎ分けをせず、ずっと細く注ぎ続けるタイプのカフェなどでよく使用されています。いわゆるサードウェーブ系のカフェなどでもHARIO社のケトルはよく利用されています。
 

これ以外にもケトルはたくさんの種類があるので、できるのであれば自分の好きなカフェや喫茶店で実際にドリップしている姿を見て、自分の好みの味を出しやすいケトルを探っておくとよいでしょう。

 

最近出たもののなかでは、ドリップチャンピオンが使った「Kaico ドリップケトル」なども性能がよく、おすすめです。

 

 

レシピに合わないケトルを使ってはダメなの?

ただ、こう言ってしまうと、「HARIO社製のケトルでは月兎のような淹れ方ができないの?」あるいは「月兎のスリムポットではHARIOのような淹れ方はできないの?」と思われるかもしれません。

 

もちろん、別のケトルを使ったからといって、他のレシピの淹れ方が"できない"ということはありません。あくまで最良ではないかもしれませんが、普通のやかんやケトルを使うより段違いに注ぎやすいことは間違いありません。

 

性能面でも違いこそあるものの、やっぱり自宅で淹れるコーヒーですから、ある程度の趣味や見た目、デザインなどのおしゃれさが基準になっても全く問題ありません。

 

ただ、そのケトルが色々な熱源に対応しているかも重要です。たとえば、HARIOは直火を含めたすべての熱源に対応していますが、ものによってはそうでないものもあります。

 

それに対して月兎はホーロー製なので、あまり多くの熱源に対応しておらず、ガス火メインでの使用になるでしょう。ご家庭でどんな器具を使ってお湯を温めるかを考えたうえで、使えるケトルを探してみることをおすすめします。