読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

メジャーなドリップケトルまとめと比較!あなたの好きなコーヒーを淹れるためにおすすすめのケトルはどれ?

自宅でドリップコーヒーを淹れようと思ったときに必要になるのが、ドリップケトルです。

 

もちろん普通のヤカンでもドリップできないわけではありませんが、細くお湯を注ぐことができないため、ちゃんと淹れようと思うとドリップケトルは必須になります。

 

とはいえ、ドリップケトルと言ってもどんなメーカーのどんな形の製品を選べばいいか分かりません。そこで今回は、ドリップケトルのメジャーなメーカー4社の製品をそれぞれ比べつつ、どんなところを見て選んでいけばいいかをご紹介したいと思います。

 

ドリップケトルと各メーカーの形

 HARIO V60 ドリップケトル ヴォーノ

比較的最近のコーヒースタンドやカフェなどで使われることの多いHARIO社のヴォーノ。「とにかく細く」「一定の細さでずっと注ぎ続ける」のに向いています。

 

どんな熱源でも加熱可能で、持ち手も熱を持ちにくい仕様になっているので、コンロなどで加熱して、そのまま素手でドリップするという使い方ができるのが魅力的。ヤカンとしても使いやすいです。

 

デメリットは、注ぎ口が根元から先のほうまでずっと細いので、大量のお湯を注いだり、何回かに分けて注ぐようなレシピでは使いづらいという点でしょうか。特に昔ながらの喫茶店のようなドリップをしたい方には少し不向きかもしれません。

 

Kalita細口ポット

HARIOと同じく根元から先のほうまでずっと細いのが特徴的なケトル。ただ、個人的には一番使いづらいケトルのように感じられます。

 

理由としては、注ぎ口が細く長いのに対して、根元から先っちょまでの幅が短いことがあげられます。そのため、かなり傾けないとお湯が出ないのでお湯が細く注ぎづらく真下にお湯が落ちにくい構造になっています。

 

しかもお湯の止まりも悪いので、注ぎ分けもしづらいといった状況になります。

 

もちろんこれでドリップができないわけではないですし、普通のヤカンなどよりは注ぎやすいのは間違いないのですが、デザインが気にいったのであればともかく、絶対にこれでなければいけない理由はないかと思います。

 

ユキワ 18-8 M型 コーヒーポット

喫茶店などでも使っていることの多いユキワのコーヒーポット。

 

ドリップケトルの中でも根元がけっこう太いので、油断しているとドバっとお湯が出てきてしまいます。地味に技術のいるケトルだと言えるかもしれません。

 

ですが、そのぶんお湯切れも滑らかなので、注ぎ分けるようなドリップをする方などにはおすすめ。玄人向けと言えば玄人向けです。レトロな喫茶店など、昔ながらの喫茶店に憧れる方たちに根強い人気を誇る器具です。

 

月兎印 スリムポット

かなり人気が高く、ドリップケトルの中でもトップクラスに売れている月兎印。確かにデザインも可愛らしく、カフェや喫茶店でもこのケトルを使っているお店もたくさんあります。ご家庭のヤカンとして使いたいという方も少なくありません。

 

ただ、フタが落ちやすく、スリム過ぎてコンロの上で加熱し辛いなど、ヤカンとして見るとかなり使い辛いので、あくまでドリップケトルとして使用しましょう。

 

ちなみに、ドリップケトルとして使う際も少し注意が必要で、フタが落ちやすいのであまり少量のお湯でドリップするのには向いていないです。理想的な使い方としては、満水ぐらいのお湯を別の場所で沸かし、月兎に移し替えるといった方法でしょうか。

 

扱いが少しだけ面倒なので、可愛さだけでヤカン兼ドリップケトルとして買うとちょっと面倒な思いをするかもしれません。ただ、性能としては「細く注げる」「注ぎ分けがしやすい」など、プロも使っているケトルとして十分な性能を持っています。

 

ドリップケトルはヤカンとして使えるか?

ちなみに、ドリップケトルをときどきヤカンの代わりに使おうとされる方がいらっしゃいます。できなくはありませんが、あくまでドリップケトルはドリップ用のケトルであることは忘れてはいけません。

 

ときどき、ネットのレビューで「お湯が沸かしにくかった」「ヤカンとして使うにはお湯が沸くのが遅い」「ガスコンロの上で温めていると安定しない」といったコメントを見かけることがありますが、直接湯沸かしに向いているケトルはそう多くありません。

 

どうしてもと言うのであれば、全ての熱源に対応しているHARIOのヴォーノなどがいいでしょう。それにしたって、ずっと使い続けていると水道水のカルシウムで中が白くなったり、直火で底面が黒くなったりします。

 

理想的な使い方としては、浄水器を通した水を使って、あくまでお湯は別に沸かしたうえで、ドリップするときにドリップケトルに移し替えるのがベストです。

 

とはいえ、もちろんそれはメンドクサいと思われるので、「ドリップケトルはあくまでドリップ用の道具だ」と覚えておくとよいかもしれません。