読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

まろやかなコーヒーが分からない!? そんな人は、カフェハットのセラミックフィルターを試してみてはいかが?

「丸いコーヒーやまろやかなコーヒーなんて言われるけど、どんなコーヒーのことかよく分からない」という人は少なくないでしょう。

 

確かに、"酸味のあるコーヒー"や"甘いコーヒー"など、味に特徴のあるコーヒーなら分かりやすいのですが、ドリンクの食感や質感といった部分はそれに比べると少し分かりにくいかもしれません。

 

そんなコーヒーの食感や質感を知りたいという人におすすめのフィルターがあります。それがセラミックフィルターです。

 

まろやかなコーヒーを淹れられる「セラミックフィルター」とは

ドリップコーヒーを抽出するときにメジャーなものとしてはペーパーフィルターや金属フィルターなどがあると思います。実際、「自宅でドリップしてコーヒーを飲んでいるよ」という方のほとんどは、このどちらかを使っているでしょう。

 

f:id:nyarumeku:20150911214411j:plain

 

ですが、ペーパーフィルターや金属フィルターは比較的ダイレクトにコーヒー豆の味が出てきてしまうため、よっぽど雑味の少ない上質なコーヒー豆を使わなければ、「砂糖やミルクがないと飲めない」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

一方で、コーヒーをすごくまろやかで、雑味を感じにくくしてくれるフィルターもあります。それがセラミックフィルターです。

 

f:id:nyarumeku:20160305154238j:plain

 

セラミックフィルターは金属フィルターのようにペーパーレスで使用することができるので、メンテナンスのコストが必要ありません。

 

特徴としては、「遠赤外線効果とミクロの穴が水のカルキ臭や不純物を取り除き、まろやかで飲みやすいコーヒーが楽しめ、 浄水器の代わりとしても使用できる」とされています。

 

実際、このフィルターを通した水道水を飲んでみると、まろやかに感じられます。

 

セラミックフィルターのデメリットは?

ただ、欠点を挙げるなら、どんなコーヒー豆もまろやかな仕上がりになってしまうので、ペーパ―フィルターや金属フィルターに比べると、豆の違いを楽しむのには少し不向きなところでしょうか。

 

いつも同じ豆を飲む方が違う味を楽しみたいときにはいいかもしれませんが、「色んな豆の色々な特徴をそのまま楽しみたい」という方には向いていないかもしれません。

 

また、洗剤を使ってはいけない、使い続けると目詰まりしてしまうので直火にかけて目詰まりを焼き切る必要があるなど、メンテナンス面で少し面倒があるかもしれません。

 

とはいえ、本当にまろやかなコーヒーに仕上がるので、あまり苦いコーヒーが好きでないとか、刺激的なコーヒーが得意でないという方にはおすすめです。

 

セラミックフィルターの商品一覧

セラミックフィルターのドリップ器具は今のところほとんどありません。現状では、「カフェハット」と「ニューセラミックフィルター」の2種類だけです。

 

簡単にそれぞれの特徴をご紹介します。

 

まずは224porcelain社の「カフェハット」。こちらは、セラミックフィルターとしてはより薄く、そして高さを少し高めに作ってあるフィルターなので、もう一つのタイプに比べるとよりペーパーフィルターなどに近いと言えます。

 

あまり、まろやか"過ぎる"より普段のコーヒーよりも少し丸みがある程度のほうが良いという方にはこちらのほうがおススメ。あと、なによりスタイリッシュでカッコいいです。

 

もう一つはカフェハットに比べると、より"セラミックフィルターらしい"「ニューセラミックフィルター」です。縦の高さがそれほど高くなく、緩やかなカーブを描いており、フィルター自体が厚めなので、よりまろやかなコーヒーに仕上がります。

 

 

ただ、抽出時間が4,5分程度とけっこう長い点、これを使うとセラミックフィルターのコーヒーの味になってしまうのが欠点と言えば欠点。誰が淹れても同じくまろやかな味にできるという意味ではメリットかもしれません。

 

よりお好みに近いフィルターを選んで、お好みのセラミックフィルターを使ってみるとよいでしょう。劇的にコーヒーの味が変わると思いますよ。