読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

ラテアートを描くのにミルクピッチャー(ミルクジャグ)は必要なの?どんな形がおすすめ?

自宅で美味しいカフェラテを作るのに絶対に必要な道具と言えば、エスプレッソマシンとミルクピッチャー(ミルクジャグ)です。

 

最近では、ネスプレッソなど簡単にカフェラテ(というよりはカプチーノ)を飲めるマシンなども出てきましたが、特にミルクのスチーミング(泡立て)という点においては手動でミルクピッチャーを使って温めたミルクにはかないません。

 

また、最近では、ラテアートを自宅で始めたいと考える方も増えており、ミルクピッチャーを使って自分でミルクをスチーミングする方が増えてきているようです。

 

f:id:nyarumeku:20160313125009j:plain

 

とはいえ、ミルクピッチャーについてはまだあまり解説なども少なく、施行錯誤している方が多いように思います。そこで今回は、そもそもミルクピッチャーはなぜ必要なのか、どんなミルクピッチャーを選べばいいのかをご紹介したいと思います。

 

ミルクピッチャーの代わりにステンレスの容器じゃダメなの?

ミルクピッチャーと言えば、ステンレスの容器に注ぎ口がついたもの。

 

 それなのに、ただのステンレス製の容器より少し高いので、「注ぎ口が付いていればなんでもいいでしょ」と考えて、普通の容器でミルクをスチーミングしようとする方もいらっしゃいます。

 

ただ、ミルクをスチーミングしてラテアートを始めたいと考えている方は、ちゃんと専用のミルクピッチャーを買ったほうがいいでしょう。

 

たとえば、下のが画像を見てください。左側がふつうのステンレス製の容器で、右側がミルクピッチャーです(サイズの違いは無視してください)。

 

f:id:nyarumeku:20160313125252j:plain

 

パッと見でわかる違いだけでも大きく2点の違いがあります。

 

  1. ミルクピッチャーのほうが、下半分が横に膨らんだ形になっている
  2. ミルクピッチャーのほうが、注ぎ口が出っ張っている

 

まず、ミルクピッチャーのほうが、下半分が横に膨らんだ形になっています。これがミルクのスチーミングの際にとても重要な役割をはたしています。

 

細かいことはラテアートの本や記事を見てもらえば分かりますが、ミルクのスチーミングは泡をミルクの中に入れるという工程と、ミルクに入れた泡を細かくする(攪拌)の過程があります。

 

そして、攪拌をするにはミルクをピッチャーの中でぐるぐると回さなければいけないのですが、左側の容器のように筒型の容器だとキレイにミルクを回すことができません

 

そのため、攪拌が上手くいかず、滑らかなミルクにならず、上手く注げないということになります。

 

また、普通の容器に比べて、ミルクピッチャーは注ぎ口が強く角度がついています。この角度がゆるいと、せっかくきれいにミルクを泡立ててもミルクがドバっと出てしまったり、横漏れしてしまうことになります。

 

他にも理由はありますが、このようにラテアートを描くには、そしてより美味しいミルクをスチーミングするにはミルクピッチャーは必須と言っていいでしょう。

 

おすすめのミルクピッチャーは?

それでは、おすすめのミルクピッチャーはあるのでしょうか。

 

結論から言えば、「好み」と言ってもいいかと思います。少なくともラテアートの大会で優勝したいレベルならともかく、普通にカフェで出ているラテアートを描くレベルであれば、そこまで大差はありません。

 

後は慣れの問題です。

 

ただ、おすすめしないピッチャーをあげるとすれば、安物のピッチャーはやめたほうがいいです。たとえば、下のようなピッチャーもその一つ。

 

しっかりとしたものに比べて注ぎ口のでっぱりが少ないとか、素材として安物なので変形しやすいとかいろいろ理由はありますが、安物は安物といった感じの印象です。

 

ミルクピッチャーなんて、ほんの1000円か2000円程度しか変わりませんし、何度も買い替えるのももったいないので、最初のほうでそれなりに良いものを購入しておくことをおすすめします。

 

その意味で、ネットなどでの評判も良く、実際の使い勝手としても使いやすいラトルウェア(Rattleware: RW)のミルクピッチャーはプロも使っている道具ですし、ネットならかなり安く購入出来るのでおすすめです。

 

 

ただ、一部チンバリなどのエスプレッソマシンを使っている方に関しては、スチームノズルの穴の開いている角度が違うため、ここで紹介したようなミルクピッチャーは逆に作り辛かったりするので気を付けたほうがいいでしょう。

 

あまりいないとは思いますが、そういったマシンを使われている方には、メプラのミルクポットをおすすめします。

 

ただ、普通のエスプレッソマシンを使っている方にとっては、むしろメプラのミルクポットは使いづらいので、注意してください。あくまで一部のエスプレッソマシンに限定した話なので、もし悩んでいる方がいらっしゃれば、参考にしてみると良いかもしれません。