寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

コーヒー豆を挽く「ミル」と「グラインダー」の違いとは!?どっちを選んで買えばいいの?

 

 コーヒーを挽く器具を探していると、2つの単語に出会います。「ミル」「グラインダー」です。

 

どちらもコーヒー豆を挽く機械であるはずなのに、ミルと呼んだりグラインダーと呼んだり……。呼び名なんてどっちでもいいと思われる方もいらっしゃるでしょうが、いざその器具を購入してみようと思ったときに名前が分からないのは困りもの。

 

そこで今回はミルとグラインダーの違いについて簡単に解説したいと思います。

 

f:id:nyarumeku:20160317132458j:plain

ミルとグラインダーはただの言葉の違い

ミルとグラインダーの違いを英語で調べてみると以下の通りです。

 

grinder 粉砕機、研磨機

mill 粉砕機、製粉機

 

辞書的な意味自体はほぼ一緒ですね。つまり「コーヒー豆をより細かな状態にするもの」という意味では全く同じものと言えるのです。あくまで言葉の違いの問題です。

 

細かいことを言えば、同じ「コーヒー豆をより細かな状態にするもの」でもそのやり方に違いがあります。

 

ミルの場合、正式にはすりつぶしたり、粉砕したり、カットしたり、どんな方法を使っても物体を細かくするツールのことを指します。

 

ですので、「すりつぶす」とか「研ぐ」という意味のgrindに比べると、もっと広い意味で「どんな方法を使っても」細かくするコーヒー器具のことをミルと呼びます。

 

とはいえ、コーヒー器具の名前を見ていると、そこまで厳密な区別がされているとは言えませんし、あくまでただの言葉の違いで「"コーヒー豆を挽く器具"はミルかグラインダーと呼ぶ」と覚えておけばいいのではないでしょうか。

 

「ミル」のイメージと「グラインダー」のイメージ

とはいえ、ただの言葉の違いとは言っても、ある程度ざっくりとした区別はされています。

 

たいていの場合、「ある程度の大きさを持った」「電動」でコーヒー豆を挽く器具のことをグラインダーと呼びます。特に、エスプレッソレベルの細かさまで挽く機械は一般的にグラインダーと呼ばれることが多いです。

 

一方で「電動であっても持ち運びできるぐらいコンパクト」な器具や「手弾きのコーヒー器具」のことをミルと呼ぶことが多いです。

 

ただ、一部例外もあります。たとえば、以下のナイスカットミルなどもその一つです。それなりにサイズもあって電動で動くものですが、ミルという製品名が付いています。

 

このように厳密な区別はできませんが、あくまでざっくりとしたイメージだと思ってください。

 

ただ、業務用クラスのグラインダーを探しているのに、「ミル」という単語で探していたり、家庭用の手引きクラスのミルを探しているのに「グラインダー」と探すのは効率が悪いでしょう。

 

あくまで目安程度ですが、家庭用の手挽きのミルを探している方は「ミル」を探して、業務用のミルを探している方は「グラインダー」を探してみるといいでしょう。

 

今後ミルやグラインダーを探すときに参考になるかと思います。

 

家庭で使用するのにおすすめのミルとグラインダー

簡単にですが、家庭で使用するのにおすすめな手挽きの"ミル"と電動の"グラインダー"をそれぞれおすすめしておきます。

 

まず、手挽のミルとして最もおすすめなのが、「HARIO セラミックミル」

 

セラミック刃でコーヒー豆を挽きやすいだけでなく、サビにも強く、水で丸洗いができるなど、とにかく使い勝手とメンテナンス面での性能が良いのが特徴。「コーヒー器具はデザイン面重視!」という方でもなければ、まず使っておいて損はないミルです。

 

木箱のミルのように、粉が飛び散らない構造になっているので、テーブルが汚れにくいのもメリットでしょう。

 

そして、電動のグラインダーに関して最もおすすめなのが、「bonmac BM-250」

 

自家焙煎店やカフェなど、プロも使うことが多いbonmac社の家庭用グラインダー。家庭用とは言っていますが、ドリップコーヒー用に使えば、家庭のコーヒーの味を一味も二味も変えてくれること間違いなしです。

 

ただ、欠点はエスプレッソ用のグラインダーとしては使用できないこと。一応、細かくコーヒー豆を挽けないこともないですが、メーカーも「粉詰まりする可能性があるので、エスプレッソ用には使わないでください」と注意しています。

 

「できれば、エスプレッソにもドリップにも使いたい」という方は、「Bodum BISTRO」がおすすめです。こちらは家庭用には珍しくエスプレッソにもドリップにもフレンチプレスにも対応しています。

 

ドリップ専用!というならBonmacのBM-250がおすすめですが、いろんなコーヒーを自宅で淹れたい方にとってマルチに使い勝手がいいのはBodum Bistroです。ご自身の使用目的に応じて、ミルやグラインダーを選んであげてくださいね。