寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

オーガニックなコーヒーだから安心してませんか?胃もたれやのどの痛みは"オーガニックコーヒー"のせいかもしれません

健康志向の方たちの間でよく耳にするオーガニックコーヒー。

 

一般的なコーヒーは農薬を使用しているので、そういった農薬が残っているコーヒー豆は危険なのではないか(残留農薬問題)と考えている方もいらっしゃるようです。

 

それでは、本当に農薬や化学肥料を使ったコーヒーは危険なのでしょうか。そして、オーガニックコーヒーさえ飲んでいれば危険は一切ないのでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20160318190446j:plain

 

残留農薬が規定以上に残るコーヒー豆はそもそも輸入されない

まず、一番気を付けておくべきことがあるとすれば、コーヒー豆は輸入品であるということです。ある意味、その安全性に関しては下手な国産の食品よりも高いかもしれません。

 

特に、ブラジル産のコーヒー豆などは全量検査が義務付けられており、その残留農薬の量が必ずチェックされています。つまり、基本的にはコーヒー豆の残留農薬はそもそも気にするレベルではないということです。

 

もちろん、残留農薬による問題が一切発生しないということはありませんが、基本的に国内で消費されるコーヒー豆の残留農薬値は、国の定めた安全性の基準に則ったレベルの量でしかないことは知っておくとよいかもしれません。

 

オーガニックコーヒーは安全・安心か?

さて、とはいえ一方で気になるのがオーガニックコーヒー。「たとえ基準値内だろうが残留農薬なんて許せない」と考える方はオーガニックコーヒーを飲まれるかもしれません。

 

また、最近では「完全無欠コーヒー」と言って、オーガニックコーヒーを勧めるベストセラーまで出てきたため、ますますオーガニックコーヒーへの関心が高まっているようです。

 

ですが、最初に書いておくと、オーガニックコーヒーだからと言って安全ということは決してありません。むしろ、場合によっては健康を害する可能性すらあります。

 

理由としては、巷にあふれているコーヒー豆のほとんどがカビ毒に侵されているからです。アメリカの研究では、市販のコーヒー豆の50%がカビ毒に侵されていたという話すらあります。

 

実際に、コーヒーを飲んで胃がムカムカしたり体調が悪くなった経験がある方もたくさんいらっしゃるでしょう。こうした症状はコーヒー豆に含まれるカビ毒が原因だとも言われています。

 (以下のブログに要点がまとめられているので、興味のある方は参照してみてはいかがでしょうか→コーヒーのカビ毒にはどこまでビビればいいのか? | パレオな男

 

そして、これはオーガニックも例外ではありません。

 

というより、むしろ「○○農園」などといったブランド名で売らずに「オーガニックコーヒー」という名前に頼っている豆ほど怖い可能性すらあります。生産地の開示は生産者の責任であるとともに、その豆のクオリティの保証やブランドにもなるからです。

 

安全な豆の中にたまたまオーガニックコーヒーがある場合はありますが、「オーガニックコーヒーだから安全」ということは決してないことは覚えておいたほうがいいでしょう。

 

オーガニックではなく美味しい豆を購入する

それでは、安全なコーヒーを飲みたいのであればどんな豆を飲めばよいのでしょうか。それは、美味しいコーヒー豆を飲むことです。

 

先ほども書いたように、危険な豆は胸やけや気分の悪さなどを引き起こします。誤解を恐れずに言えば、危険な豆はマズイ可能性が高いのです。

 

逆に上質なコーヒー豆、たとえばスペシャルティコーヒー等と呼ばれる豆に関しては、生産地から出荷する段階で、すでにカビ豆を可能な限り排除している場合がほとんどです。

 

もちろん、スペシャルティに関しても確実に安全とは言い切れませんし、スペシャルティと"自称"するのはタダなので、その業者がウソをついている可能性もなくはありません。

 

ですが、極論を言えば、飲んで美味しいコーヒー豆を選べばいいのです。そのほうが安全な豆に出会える可能性が高いでしょう。

 

話題の完全無欠コーヒーとインスタント

少し話は逸れますが、先ほどご紹介したベストセラーの書籍内ではしっかりと、完全無欠コーヒーに使うコーヒー豆について"カビ毒に侵されていない""良質な豆を選ぶこと"と書かれているようです。

 

アメリカでは、オーガニックなスペシャルティコーヒーも手に入るので、おそらくそういった豆のことを指しているのでしょう。つまり、ただの"オーガニック”ではいけないということです。

 

一方、国内のブログを見てみると、なぜか「この本を読んだのでオーガニックコーヒーを買った」「インスタントのオーガニックコーヒーを飲んでいます」といった記事をよくみかけます。

 

インスタントに関してはオーガニックの認証を取っている団体もいるので問題ないのですが、そもそもコーヒーの油分(カーウェオールとカフェストール)が大事とこの本では書かれているのに、酸化したインスタントコーヒーを使っても良いのでしょうか。

 

実際、以下の動画でもそうしているように、フレンチプレスや金属フィルター、エスプレッソマシンなどを使ってコーヒーのオイルも一緒に抽出することが大事ではないでしょうか。

 

 

金属のフィルターはペーパーフィルターとは違い、ペーパーが油分を吸わないので、コーヒー豆が本来持っている豆の味や特徴をそのまま味わえるとされています。

 

 

それ自体の味が好みかどうかは置いておいて、少なくとも、もともとの本のやり方を踏襲することは大事なのではないでしょうか。

 

健康志向はもっともだと思いますが、一方でその飲みもの自体の、飲みものとしての品質についてももっと目が向いてもいいのかもしれません。