読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

コーヒーを自宅で始めたい初心者におすすめ!どんな道具でなにができるの!?

4月になり、仕事、学校、趣味など、新生活をスタートされる方も多いかと思います。そんな中、手頃に毎日の生活を豊かにしてくれるものとして、コーヒーを始めたいと思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ですが、「コーヒーを淹れる」と言っても、その方法はいろいろあります。

 

サイフォンやフレンチプレス、エアロプレスにマキネッタetc……。

 

名前だけを聞いても、まったくイメージがつかないという人がほとんどでしょう。

 

そこで、これから「おうちでコーヒーを始めたいけれど、どんなものがあるのか分からない」、「どんなものを揃えようか迷っている」という方にいろいろなコーヒーの楽しみ方をご紹介したいと思います。

 

本格的に楽しみたいあなたはハンドドリップ

まず、カフェや喫茶店でも一番なじみがあり、方法も簡単で、安い値段で揃えられるのがハンドドリップ用器具です。

 

f:id:nyarumeku:20160402112158j:plain

 

コーヒー好きのあなたなら実際にお店で使われているのを見かけたことがあるかもしれません。

 

最低限必要な道具は以下の通り。

 

ドリッパー(340円~)

ペーパーフィルター(100円~)

コーヒー豆(自家焙煎店やスーパーで購入)

 

この3点セットさえあれば、いつでも自宅でドリップコーヒーを楽しむことができます。値段を見ても分かりますが、ドリッパーとペーパーフィルターなんて非常に安いので、1000円もあれば始められる手軽な趣味なのです!

 

さらにステップアップしたい方は、サーバー(コーヒーの受け)に加えて、ドリップケトル(ドリップ専用のやかん)、コーヒーミル(豆を挽く器具)などもあると便利でしょう。

 

特に、ドリップケトルはあるかないかでドリップのしやすさがケタ違いなので、本格的にドリップを楽しみたい方はぜひ持っておいたほうがいいでしょう。

 

ただ、ドリップはおうちで本格的な1杯が淹れられる反面、上手にコーヒーが淹れられるのか不安という方も多いかもしれません。より本格的にドリップコーヒーを楽しみたい方、興味のある方は下の記事を参考にしてみると良いかもしれません。

 

 

簡単にコーヒーを楽しむ代表格「コーヒーメーカー」

こうしたドリップコーヒーと比較すると、簡単にコーヒーを淹れられて便利なのが、コーヒーメーカーです。

 

コーヒー粉と水をセットし、スイッチを入れて待つだけで、手軽にコーヒーが楽しめます。

 

しかも最近は、コーヒーメーカーも研究され、とても美味しく入れられるものも増えてきているので、おうちでも簡単に充実したコーヒーライフを送ることが出来るでしょう。上にご紹介している「モカマスター」も安くはありませんが、かなり本格的な味を楽しむことができます。

 

ただ、そうは言っても、コーヒー豆を自分で買ってこないといけませんし、どのコーヒーを選べば良いのかも迷ってしまうところかもしれません。しかも、ハンドドリップと同じように、なかなかコーヒーを豆の状態で買って、いちいち粉に挽いてコーヒーを淹れるというのも初めは手間に感じるかもしれません。

 

最近は全自動のコーヒーメーカーもありますが、意外と値段が張り、「手軽に楽しみたい」という方にはどちらかというと不向きです。それに、1人分しか飲まない場合はコーヒー粉を買って1袋使い切る前に古くなってしまう、なんてことも少なくないでしょう。

 

あくまで「ドリップよりは簡単でそれなりに美味しいコーヒーを飲めるけれど、それでも少しメンドクサイ」程度に思っておくといいかもしれません。

 

最近はやりのドルチェグストとDP1は最も簡単

「まだまだどんなコーヒー豆を買ったら良いか分からない」、「どうやって淹れたら美味しく淹れられるか分からない」という方におすすめなのが、あらかじめコーヒー粉が封入されたカプセルやドリップポッドを使用したマシンになります。

 

「自分で飲みたいコーヒー豆を選んで淹れたい」「自分の手で本格的な味を淹れたい」という方には向かないかもしれませんが、とにかく手軽に、そしていつでもコーヒーを飲みたいという方にはおすすめです。

 

それぞれのメーカーがこだわったコーヒー豆が1杯分ずつ密閉封入され、それをマシンにセットするだけで簡単、手軽にコーヒーが楽しめます。

 

片づけが楽なのも魅力です。また、使用するコーヒーも分かりやすく味ごとに分けられていたり、定期的におすすめが送られてくるという形が多いため、コーヒー選びに迷うことがありません。

 

「まだコーヒーの違いはよく分からないけれど、いろいろな味を試してみたい」という方にはピッタリかもしれません。定期購入をすれば、マシン代が無料だったり、マシン代がコーヒー代とセットでお得になっていたりします。

 

ネスカフェ≪ドルチェグスト≫

エスプレッソ式の抽出方法を採用しており、普通のコーヒーサイズから、エスプレッソ、またカフェラテ、抹茶ラテなどまでも淹れられるのが魅力です。いくつかの種類の中からお好きな味、飲み方を選んで、購入することが出来ます。 

 

公式サイト⇒ネスカフェ ドルチェ グスト【ネスレ日本公式】

 

 UCC ≪DP1≫

日本人にはとても馴染みのある味のドリップ方式を採用したマシンです。毎月、通常ブレンドに加え、月替わりの商品が届き、いろいろな味を楽しむことが出来ます。その中から、お好みのコーヒー豆の種類を見つけることも出来るかもしれません。

 

公式サイト⇒ UCC ドリップポッド UCCドリップポッド

 

まとめ

自宅でコーヒーを楽しむと言っても、ここまでご紹介したようにいろいろな方法があります。そのため、コーヒーを始めるといってもなかなかハードルが高いものかもしれません。

 

そこで今回は、手軽に楽しめるものから本格的な楽しみ方まで、いろいろなものをご紹介させていただきました。

 

ご紹介したものを参考に、皆さんにあった器具や方法で、まずは気軽に簡単にコーヒーライフを始めてみてはいかがでしょうか。