寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

プロペラミルはなぜカット式のミルよりおすすめできないのか?最安クラスのミルの比較と選び方

コーヒーを自宅で美味しく飲むためには、ミル(グラインダー)が不可欠です。

 

コーヒーは挽いた状態で保存しておくと、豆の状態で保存した場合に比べて味や風味が劣化しやすいため、自宅でも美味しいコーヒーを飲もうと思ったら、ミルを持っておく必要があります。

 

ただ、ミルと一口に言ってもいくつかの種類があります。初心者には、どれがどういったミルなのかパッと分かりにくいと思うため、今回はミルの種類や違い、そしてどんな基準で選べばいいのかをご紹介したいと思います。

 

プロペラ式とカット式、臼式のミル

ミルの機能は簡単に言ってしまえば、「豆を粉の状態にする」ことです。ただし、豆を粉の状態にするのにも、いくつかのパターンがあります。大きく分ければ以下の3つです。

 

1. プロペラ式

2. カット式

3. 臼式

 

この中で、プロ・アマチュア問わず、多くの方があまり勧めない方法があります。それは、1番のプロペラ式のミルです。実際、業務用と呼ばれるレベルのグラインダーにはこのようなプロペラ式のミルはまずありません。一方で、家庭用の最安クラスの電動ミルなどは、このプロペラ式を採用しています。

 

ですので、基本的に「美味しいコーヒーを飲みたい」という目的で買われるのであれば、2番のカット式か3番の臼式のミルをおすすめします。

 

なぜプロペラ式のミルはおすすめしないのか?

ただ、「プロペラ式のミルをおすすめしない」と言われたって、その理由が分からなければ判断のしようもないかと思います。そこで簡単にプロペラ式のミルをおすすめしない理由をご紹介します。

 

カット式や臼式のミルと比べた時の、プロペラ式ミルの一番の問題は、一度挽かれた豆が何度も同じ場所で挽かれ続けるという点です。プロペラミルを使ったことがなく、よく分からないという方は以下の動画を見てください。

 

 

カット式や臼式のミルなどで挽いた場合は、一度挽いた豆は自然に上から下へと落ちていくため、同じ豆を何度も挽きつづけるといったことは起きません。ですが、プロペラミルの場合は、ミキサーのように何度も何度も同じ場所で挽き続けることになります。

 

「それがいったいなんのデメリットがあるの?」と思われるでしょう。何度も同じ場所で豆を挽き続けるプロペラミルの欠点は大きく2つです。

 

1. 何度も同じ場所で挽き続けるため、摩擦熱が豆に加わって劣化する

2. 粉が絶対的に均一に挽けない

 

特に問題は2番の「粉が均一に挽けない」という点です。上の動画でもそうであるように、明らかに細かくなり過ぎたコーヒー豆が器具のなかに付着しています。

 

粉の大きさにバラつきがあり微粉があるということは、均一に抽出ができない、もしくはエグミを感じやすくなるということに直結します。せっかく美味しいコーヒーが飲みたくてミルを購入したのに、これではもったいないと言えるでしょう。

 

こういった点も、プロが業務用に使用するミル(グラインダー)には、プロペラ式がない理由の一つだと言えます。

 

おすすめの家庭用のミルは?

上記を踏まえたうえで、家庭用のミルで、あまりお金を出せない(数千円程度)というのであれば、手挽きのミルをおすすめします。

 

特に、HARIOのセラミックミルあたりは、値段も安価なうえ、セラミック刃なので豆を挽きやすく、水洗いもできて衛生的という点でおすすめです。「ミルのデザインには特にこだわりがない」というのであれば、セラミックミルはうってつけでしょう。

 

ただ、あくまですり潰して豆を挽くタイプの「臼式」の器具なので、どうしても粉の粗さを均一にするという性能では、高性能というわけではありません。あくまで"数千円程度の安価なミルで済ませたい"という人向け。

 

「もう少しお金を出していいから少しでも美味しいコーヒーが飲みたい」というのであれば、Kalitaのナイスカットミルをおすすめします。ときどき、カフェなどでも使用していることがあり、コストパフォーマンスとしては最高クラスの家庭用ミルだと思います。

 

名前の通り、豆をカットすることによって挽いていく「カット式」のミル。さすがに業務用と比べると均一に挽く機能に関しては劣りますが、家庭用としては申し分ない性能で、手挽きのミルを使うよりは確実に美味しいコーヒーを手軽に、そして素早く味わうことができます。

 

最終的には、「自宅でどれだけ美味しいコーヒーを飲みたいか」という熱意と、そして予算との相談にはなってきますが、これらを参考に自宅で使われるミルを選んでみてはいかがでしょうか。