読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

家庭用エスプレッソマシンは爆発するので気を付けよう!故障ではないので、対策法が必要です

家庭用のエスプレッソマシンを使用されたことがある人だと、一度は体験したことがある失敗があります。

 

エスプレッソマシンの爆発です。

 

厳密に言えば、エスプレッソマシン内部にたまった圧力によって、ポルタフィルター内のコーヒー粉が爆発します。大けがをするようなものではありませんが、軽い焼けどをしたり、粉で部屋が汚れてしまいます。フローリングならともかく、マットなどを敷いていたら悲惨です。

 

f:id:nyarumeku:20160515110649j:plain

 

そんなエスプレッソマシンの爆発は家庭用ならではの構造上の問題によって起きるものなので、その対策さえ知っておけばきちんと防ぐことができます。そこで今回は、エスプレッソマシンの爆発を防ぐ方法についてご紹介します。

 

家庭用エスプレッソマシンの構造と問題

家庭用エスプレッソマシンの構造は「シングルボイラー」になっています。シングルボイラーとは、1つのボイラータンクでお湯の抽出とスチームをコントロールするタイプのことです。

 

そのため、業務用マシンと違って、エスプレッソの抽出とミルクのスチーミングをボタンやダイヤルなどで切り替えて使用する必要があります。

 

このシングルボイラー構造ですが、エスプレッソの抽出とミルクのスチーミングを同時に行えないというデメリット以外にもっと危険なデメリットがあります。それがエスプレッソマシンの爆発です。

 

具体的に言えば、ミルクのスチーミングをしたあとにエスプレッソの抽出を行うと、エスプレッソの抽出後にフィルターを外す際、ボイラー内に残っていたスチーム用の蒸気がエスプレッソの抽出口から一気に噴き出してしまうため、爆発をします。
 

つまり、一日一回ぐらいの使用であればエスプレッソマシンの爆発はおきないのです。ですが、問題なのは連続使用をするときです。

 

それでは、この対策としてはどのような方法があるのでしょうか。

 

爆発の対策方法は主に2つ

問題はスチーム用の蒸気がたまっていることですから、それを逃がしてあげる必要があります。爆発を防ぐ方法は主に2つです。

 

1つは、「ミルクのスチーミングをした後は、必ずポルタフィルターをセットしていない状態で抽出ボタンを押してお湯を出してあげること」です。

 

先ほども解説したように、何もフィルターをしていない状態でお湯を出してあげれば、お湯と一緒に蒸気も出ていきます。

 

一緒にマシンに付いているコーヒーの粉もキレイに洗い流せるので、前に使ったコーヒー豆の味が混ざらず一石二鳥です。

 

ここまではメーカーや販売元のサイトでも紹介されています。ですが、これだけではまだ足りず、爆発してしまうことがあります。

 

そんなとき、より爆発を起こさない方法としては、「エスプレッソの抽出をしてポルタフィルターを外す前に、スチームを出してあげること」です。

 

f:id:nyarumeku:20160515110720j:plain

 

フィルターを外す前にスチームを出してあげれば、内部の蒸気は抜けてしまうので爆発することはありません。

 

家庭用の限界と業務用エスプレッソマシン

繰り返しになりますが、エスプレッソマシンの爆発を防ぐための方法は以下の2つです。

 

  1. ミルクのスチーミングをした後は、必ずポルタフィルターをセットしていない状態で抽出ボタンを押してお湯を出してあげること
  2. エスプレッソの抽出をしてポルタフィルターを外す前に、スチームを出してあげること

 

以上の2つを守っていれば、家庭用マシンが爆発することはまずないでしょう。

 

ちなみに、業務用マシンにもシングルボイラー構造のものはあります。以下のAppiaⅡなどもその一つです。

 

「だったらなぜ業務用マシンは爆発しないの?」と思われるかもしれません。業務用マシンではこうした圧力を逃がすための弁がしっかりついていますので、家庭用マシンと同じような爆発は起こらないのです。

 

このように家庭用マシンは連続使用に耐えうる構造をしていません。他にもいろいろな点であくまで"家庭用"の性能しかしていません。もちろんご家庭で使うぶんには十分なのですが、業務に使うには耐久性などを含め大変なことのほうが多いでしょう。

 

ネットでは家庭用レベルのマシンを"業務用"とうたっているショッピングサイトもたくさんあります。店舗などで使う場合は、きちんと最低でも3,40万円以上の業務用のマシンを使用されることをおすすめします。