寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

カフェ開業の勉強にぜひ読んでほしい本!『good design cafe』で店舗設立のイメージをしてみましょう!

カフェの経営・開業にあたって大事なこととはなんでしょうか?

 

立地やコンセプト?料理やドリンクのおいしさ?それとも接客でしょうか。それらももちろん大事です。ですが、やはり人気店を目指すうえで最も欠かせない要素があります。

 

それがカフェのインテリアや内装です。

 

意外と、カフェ開業の本や雑誌を見ても、カフェの内装費にいくらかかったかは紹介されているにもかかわらず、どんなカフェにどんなデザイナーさんを入れて、どんな内装になったのかを事細かに書いてくれている本はそうそうありません

 

そんななか、カフェの内装や図面、そこにかかわった制作会社などを詳細に紹介した専門書があります。その名も『good design cafegood design cafe』。株式会社商店建築社が発行している飲食店の内装専門の書籍です。

 

f:id:nyarumeku:20160927174359j:plain

 

カフェの内装は雰囲気を決める大事なポイント

正直、少し大げさなことを言えば、カフェの印象を決めるのはドリンクの味でも料理の味でも、ましてや立地などでもありません。その多くを左右しているのはカフェや喫茶店の内装・インテリアです。

 

実際、食べログなどの口コミ・レビューなどを見てみれば、飲食店のレビューの多くはその店内の雰囲気に関するものがほとんどで、意外と味に関するコメントは少ないことがわかります。

 

別に、「飲食店は料理の味より雰囲気が良ければOK!」などと言うつもりはありませんし、だからこそ味にもこだわって欲しいところですが、インテリアはとっても重要です。

 

そんなカフェのインテリアや内装は、写真集のような雑誌こそあるものの、意外とどこにどういった導線(人の動く通路)が容易されていて、どんな風にライトアップされているのかなどを専門的に紹介してくれる本も場所もほとんどありません

 

そんなカフェの内装を勉強したいときにぜひ手に取ってほしいのが、『good design cafegood design cafe』です。この本のなかでは、今はやりのカフェの写真だけでなく、その図面がどうなっているのか、どんな家具が使われているのかなどまで細かく紹介されています。これからカフェ開業を考えている方には絶対に役に立つと言っていいでしょう。

 

f:id:nyarumeku:20160927174417j:plain

 

カフェの図面の見方・書き方を勉強できる本

特に、図面の紹介はとてもありがたいです。なぜなら、カフェ経営者になると意外と図面を自分で書いたり、図面を読んだりといった機会が増えるからです。

 

f:id:nyarumeku:20160927174406j:plain

 

保健所にカフェの飲食営業許可を求めるとき、内装業者にイメージを伝える/伝えられるとき、マルシェなどのイベント出店を考えるときetc……。

 

意外に思われるかもしれませんが、図面を引くことはできなくても、カフェ経営者は図面を見ておおざっぱにでも理解できるほうがカフェ経営をしていくうえで圧倒的に有利なことが多いです。

 

図面では〇〇cmと書いてあった通路が、実際に歩いてみたら意外と狭かった/広かったなんてことは日常茶飯事。だからこそ、実際の店舗写真と図面とを見比べながらイメージできるgood design cafegood design cafeのような本はとてもありがたい存在です。

 

ただ、少し欠点を上げるとすれば、これだけの充実具合で専門書なので、少しお値段がしてしまうことでしょうか。雑誌としては少し高めの2160円(税込み)。気軽な読み物としては安いとは言いづらい値段です。

 

ですが、やはりカフェ開業を考えるうえでならきっと役に立つ本ですし、中身の充実具合を考えれば十分満足できると思います。もしもカフェ開業を考えている方ならば、ぜひ読んでほしい本です。

 

きっと損をすることはないと思うので、身近にカフェの開業を考える方がいらっしゃれば、ぜひすすめてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、イベント出店をされる際の注意点やポイントなどについては、以下の記事が詳しいので参考にしてみてはいかがでしょうか。