読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

アルバイトが世界チャンピオンと同じエスプレッソを抽出できるように!?OCD Distributorとは?

 

「エスプレッソの味のバランスがよくない」

「クレマがうまくできない」

「コーヒーの持つフレーバーがうまく出ない」

 

カフェや喫茶店でエスプレッソマシンを使ったことのある人なら、アルバイトだろうが店長だろうが、すべての人が一度は抱えたことのある悩みでしょう。

 

ときどき、エスプレッソマシンさえ導入すれば、今すぐ他店の素晴らしいエスプレッソと全く同じ味やフレーバーが出せると考えている方がいらっしゃいます。ですが、もちろんそんなことはありません。

 

コーヒー豆の品質や状態はさておき、技術的な部分だけ取り上げても、ドーシング、ディストリビューション、タンピングetc……と、それこそドリップコーヒーと同じように気を付けるべき部分がたくさんあります。

 

そんなエスプレッソの抽出ですが、スタッフ間でほぼ同じ味やフレーバーを抽出できるようになる画期的なコーヒー器具が最近のカフェでは使用されています。

 

その名も「OCD ONA coffee distributor」

 

f:id:nyarumeku:20170313131337j:plain

 

2015年の世界大会でチャンピオンが使用したことで一躍有名になったコーヒー器具です。

 

OCD ONA coffee distributorとは?

その名の通り、コーヒーのディストリビューション(分配)に役立つ道具なのですが、OCDを使うことによって、バスケット内のコーヒー粉を平らに、そして均一にしてくれる画期的な道具なのです。

 

f:id:nyarumeku:20170313131403j:plain

 

使い方は簡単で、バスケット内に詰めたコーヒー粉に対してOCDを乗せ、くるりと回すだけ。その後、タンピングをして抽出すれば本格的なエスプレッソが出来上がります。

 

言葉では分かりにくいかもしれませんが、それこそ世界チャンピオンのSasa Sestic本人がYoutubeで紹介しているので、ぜひご覧ください。

 


ちなみに、世界大会の決勝で実際に使用したときの映像がこちら。

(※デザインは現在とは違います)

 


エスプレッソをあまり淹れたことのない方だと、「ディストリビューションがキレイにできるだけでそんなに味や風味に影響するものなの?」と思われるかもしれません。

 

ですが、まったく違います

 

それだけで、(ほかの設定さえ同じであれば)どんなにアルバイトの初心者が抽出しても、酸味や甘味のバランスのとれた味になり、フレーバーも感じられ、クレマもしっかりと出る"きちんとしたエスプレッソ"に仕上がるのです。

 

その証拠に、というわけではありませんが、近年のジャパンバリスタチャンピオンシップの大会では、多くの大会参加者がOCD ONA coffee distributorを使用しています。

 

もちろん、「OCDさえあれば完璧なエスプレッソに仕上がるし、それさえあればバリスタのディストリビューションはいらない」とは言いません。

 

ディストリビューション以外の要素にもエスプレッソの味やフレーバーが左右されるでしょうし、プロのバリスタがお客様に合わせて抽出を変えるほどのカスタマイズ性はありません。

 

ですが、OCDさえあれば、アルバイトやスタッフ、店長クラスの誰もがかつて世界チャンピオンが出したエスプレッソと同じ味やフレーバーを再現できるようになることは、確実に多くのカフェや喫茶店にとってメリットとなるでしょう。

 

エスプレッソの抽出に関して悩んでいる方にはぜひおすすめしたい道具です。