寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

ラテアート用のカップはこれだ!大きさや形状からおすすめのコーヒーカップをご紹介します!

自宅にエスプレッソマシンを買い、自分でカフェラテを作れるようになった人の多くが、「きれいなラテアートが描きたい」と思っていることでしょう。

 

むしろ、なかにはラテアートを描くためにエスプレッソマシンを購入した人もいるはず。

 

ただ、ラテアートを始めようといざ道具を準備してみると、とある大事なものが足りないのに気づくはず。そう、コーヒーカップです。

 

今までは適当にカフェラテを入れていたマグカップも、アートを描こうと思うと極端に不便に感じます。

 

そこで今回は、初心者にもプロにもおすすめできるラテアート用のカップとはどんな大きさや形状のカップなのか、実際におすすめの製品などはあるのかをご紹介します。

 

"ラテアートが作れない"カップはない

まず、最初に知っておくべきことは、熟練したバリスタなら「ラテアートが描けないカップ」はほぼないということです。

 

もちろん、カップによって作りやすさはありますし、描けないアートのパターンもあります

 

ですが、チューリップやリーフぐらいなら、慣れたバリスタであれば、コーヒーカップだけでなく、マグカップや普通のガラスコップ、デミタス(カップ)などいろいろな形のカップでアートを描くことができます

 

f:id:nyarumeku:20150129201530j:plain

 

極論を言ってしまえば、「ある程度のラテアートを描けるかどうかはバリスタの技術次第」ということになります。

 

ラテアートを作るのに不向きなカップとは?

ただし、「ラテアートを描けないカップ」はありませんが、「ラテアートを描くのに不向きなカップ」はあります

 

たとえば以下のような形状のカップです。

 

1. カップの高さが高い

2. テイクアウトカップやマグカップのように、底面が角ばっている

3. カップの表面の面積が狭い

 

カップの表面が小さいと、アートを描くスペースが狭く、描けるアートの種類も減ってしまいます。

 

また、マグカップのように底面が角ばっていると、ミルクがうまく対流せず表面のクレマをつぶしてアートがキレイにならないこともあります。

 

カップの高さが高いカップも、アートを描き始めるタイミングをつかむのに慣れが必要です。

 

f:id:nyarumeku:20171007013821j:plain

 

このように、ラテアートに不向きなカップを使えばアートは描きづらくなります。ですので、熟練したプロならともかく、初心者は「ラテアートに向いたカップ」で練習するのが一番なのです。

 

ラテアートにおすすめのカップとは?

今までは、ラテアーティストに人気のカップとして、「Vertexのラテボウル」などが有名でした。カップの表面が広く、描けるアートの幅が大きいということで、ラテアーティストには人気だったわけです。

 

ただし、容量が12oz(360cc)もあるため、まずミルクを大量にスチーミングしなければいけません。スチーミングに使うミルクピッチャーも12ozサイズではなく、20ozサイズを使う必要が出てくるでしょう。

 

その時点で、家庭用のエスプレッソマシンではスチーミングしきれる量ではありませんし、業務用でもハンパなマシンでは、きれいにミルクを泡立てられない量になってきます。

 

「カフェや喫茶店で業務用エスプレッソマシンを使っていて、しかも360ccの大容量で提供するバリスタ」にしか使いづらいカップだったわけです。なかなか、ご家庭で使いこなすのは難しいでしょう。

 

ただ、最近ではラテアート用に開発された国産カップも出始めてきました。

 

たとえば、国内コーヒー器具インポーターであるFBCインターナショナルが2017年に開発した「FBCオリジナル7ozラテボウル」

 

こちらはラテアート用に開発されたカップで、

 

表面が広く、いろいろなアートを描きやすい

底面に凹凸がついており、注いだミルクがクレマを壊しにくい

カップにフチがついており、ギリギリまでミルクを注いでもこぼれにくい

 

など、いろいろな面でラテアートに適した作りになっているカップです。

 

実際に使ってみると分かりますが、ミルクのフォーム(泡)をかなり緩く作ってみても、表面のクレマが崩れず、アートがきれいに描きやすいカップになっています。

 

f:id:nyarumeku:20171022160232j:plain

 

なにより、Vertexのカップと違う点は「カップの容量」。7oz(約210cc)サイズなので、12ozのミルクピッチャーでも使用でき、家庭用のエスプレッソマシンでも十分にスチーミングが可能です。

 

最初に紹介した通り、「ラテアートが絶対に作れないカップ」はほぼありませんが、初めてラテアートの世界に触れてみるのであれば、こうした「ラテアートに向いているカップ」を使ってみると、上達も早いでしょう。