寝る前にコーヒーの話をしませんか?

コーヒーやカフェのこと、カフェで出されるドリンクやカフェ特集の本のことなど、カフェに関するいろいろなことをご紹介してきます。

アイスコーヒー専用のコーヒー豆とは?

夏になると欲しくなるのが「アイスコーヒー」

 

「夏でもホットだよ!」なんてコーヒーマニアの方もいらっしゃいますが、多くの方は夏には冷たいドリンクを飲みたくなるでしょう。

 

ですが、そんなアイスコーヒーを自宅で作ろうと思うと、悩むのが「コーヒー豆」。アイスコーヒーには専用のコーヒー豆があるのでしょうか?普通のコーヒー豆ではアイスコーヒーにはできないのでしょうか?

 

f:id:nyarumeku:20180607141902j:plain

 

アイスコーヒー専用のコーヒー豆ってあるの?

インターネットで、アイスコーヒー専用豆について調べると、かなりの数の商品がヒットします。

 

こうしてみると、「アイスコーヒーにはアイスコーヒー専用のコーヒー豆を使わなきゃいけないんだ!」と思われるかもしれません。

 

実際、「アイスコーヒー用オリジナルブレンド」「アイスコーヒー用深焼き豆」などと紹介されていると、それを使わないと美味しいアイスコーヒーが作れないような気もしてきます。

 

ですが、ときどき喫茶店のオーナーさんなども誤解していますが、「アイスコーヒーはどんなコーヒー豆を使ってもいい」のです。

 

確かに、カフェや喫茶店でも、アイスコーヒーには深焼きのコーヒー豆を使うことが多いので、市販で「アイスコーヒー専用」と言っているコーヒー豆は、深焼きのことが多いでしょう。

 

ですが、浅焼きのコーヒー豆でも美味しいアイスコーヒーは作れますし、どんな豆を使っても美味しいアイスコーヒーは作れます。では、なぜ「アイスコーヒー専用の豆」なんてものが売られ始めたのでしょうか?

 

人間の味覚は冷たい液体には鈍る

通常、人間の味覚は体温より冷たい液体になるほど鈍り、味を感じにくくなります。また、味だけでなく香りも立ち上りづらく、感じづらくなるのです。

 

ですが、酸味など一部の味に関しては温度に関係なく感じます。そのため、普通のコーヒー豆と同じコーヒー豆をアイスコーヒーにすると、コーヒーの香りを感じづらく酸味をするどく感じてしまう方がいらっしゃるのです。

 

そのため、昔からカフェや喫茶店では、アイスコーヒー用には深焼きのコーヒー豆を使うことがほとんどでした。そうすることで、アイスでも酸味を感じにくく、しっかりとした香りを残した、ボディ感のあるコーヒーを提供してきたのです。

 

「やっぱりアイスコーヒーには深焼きのコーヒー豆を使ったほうがいいじゃないか!」

 

と思われるかもしれませんが、それはあくまで好みです。

 

f:id:nyarumeku:20180607142621j:plain

 

浅焼きのコーヒー豆をアイスコーヒーに使えば、酸味がハッキリとしたフルーティなコーヒーに仕上げることができます。深焼きのアイスコーヒーと違って、浅焼きはゴクゴクと飲み干せるので、これはこれで人気です。

 

実際、最近のカフェやコーヒー専門店では、「アイスコーヒー」というメニューではなく、全てのコーヒー豆のラインナップをアイスかホットかで選べるお店が増えてきています。

 

昔とは違い、コーヒーの淹れ方、飲み方はだんだんと変わってきているのです。

 

 

まとめ

アイスコーヒー用の豆を使えば、飲みごたえのあるしっかりとしたコーヒーを味わうことができます。ですが、フルーティで軽やかなコーヒーがお好きな方もいらっしゃるでしょう。

 

アイスコーヒーに使う豆は「これでないといけない!」という専用の豆があるわけではなく、「あくまで好み」と覚えておくとよいでしょう。